最新記事

思考法

ダイエット成功の「明確な正解」が明らかに! 問題は何でも「因数分解」してみよう

2022年9月22日(木)18時38分
flier編集部

220921fl_fzq02.jpg.jpeg

深沢真太郎氏(本人提供)

そして、「自分でできること」は何があるのかまたいくつかに分解して、一番すぐにできそうなことから始めましょう。そうすると、報われない努力をしなくて済むようになります。

井手 大きな問題を細かく分けてから答えを導きだそうとすれば、真の答えに近づくという考え方ですね。

ダイエット失敗の原因は、方法ではなく思考法にあるのかもしれません。

深沢 いくら努力しても答えに近づかないのでは困りますよね。いきなり答えを導きだそうとすると、的外れの努力をしてしまう可能性があるんです。

井手 『因数分解思考』では、その考え方が簡単な数式でシンプルに解説されていて、大変わかりやすかったです。

仕事ならまだしも、日常的な悩みに対してまで難しく考えて解決しようとすると、さらに悩みが生まれてしまいますからね。こういうシンプルさが大事だと思いました。

深沢 こういうテーマって、難しく考えようとすればするほどドツボにはまってしまうものです。

稲盛和夫さんの言葉で「バカな奴は単純なことを複雑に考える。普通の奴は複雑なことを複雑に考える。賢い奴は複雑なことを単純に考える。」というものがありますが、これは真理だと私は思っています。

「上司とのコミュニケーションがうまくいかない」を因数分解する

井手 たとえば「上司とのコミュニケーションがうまくいかない」という悩みを因数分解するとどうなりますか?

深沢 シンプルに「量」と「質」に分けてみましょう。

上司とのコミュニケーション=量×質

こう考えてみると、コミュニケーションをたくさんとってもクオリティが悪ければ0で、どんなにすばらしいコミュニケーション術を身につけても喋る機会がなければ0になってしまうことがわかります。

その中で、「質」と「量」のどちらに問題があるかを考えましょう。たった2つに分けるだけで、漠然とモヤモヤ悩むことからは抜けられますよね。

普段からよく喋っているはずなのにうまくいかないなら、「質」に問題がありそうです。

井手 それだけで既に原因が絞り込まれていますね。「質」をさらに分解するとどうなりますか?

深沢 たとえば「上司の求めるものに応えられていない」「自分勝手に話してしまっている」「説明に説得力がない」「忙しいときに話しかけてしまっている」などと分けられるでしょう。その中でどれがセンターピンなのかを考えます。

センターピンが「上司の求めるものに応えられていない」だとするならば、上司の求めているものを日々確認するプロセスに移れますよね。すると翌日からは、上司の指示をしっかり聞くようになり、求めているものは何なんだろう? と考え始めることができます。確実に一歩前進ですね。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

ワールド

ロシア、ドル建て債利払いをルーブルで実施=財務省

ビジネス

S&P、英格付け見通し「ネガティブ」に 財政赤字縮

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レヴィーンの「お相手」たち

  • 4

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 5

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 6

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 7

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 8

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 9

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 10

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月