注目のキーワード

最新記事

ビジネス

上半期に最も「要約」が読まれた本は? 注目は「コミュニケーション」と「やる気」

2022年6月15日(水)16時57分
flier編集部

bowie15-iStock

<2022年上半期、本の要約サービス「flier」で人気だった本のトップ10ランキングからは、新しい働き方に対応する方法に現代人が悩んでいることが分かる>

※この記事は、本の要約サービス「flier(フライヤー)」からの転載です。

2022年上半期に、本の要約サービス「フライヤー(flier)」で最も読まれたのは、『できる人は、「これ」しか言わない』でした!

そのほかにも、『大人の雑談力』や『史上最高にわかりやすい説明術』、『1分で話せ』といった、コミュニケーションへの関心の高さを思わせる本が注目されています。

この記事では、ベスト10にランクインした本をご紹介します!

2021年の年間ランキングはこちらから。
※ランキングはflier有料会員の閲覧にもとづいて作成されています。

1位 『できる人は、「これ」しか言わない』

220615fl_brb02.jpg

できる人は、「これ」しか言わない
 著者:大塚寿
 出版社:PHP研究所
 flierで要約を読む

伝えたいことが伝わらない。話を聞いてもらえない。もし、一言で相手の心をつかむことができたなら――。『できる人は、「これ」しか言わない』は、できる人が発している「短くて強い言葉」の秘密を解き明かします。

リモート会議の画面越しでは特に、「一瞬で心をつかむスキル」が求められます。あなたの人生を動かすかもしれない言葉の力は、人と関わる機会が貴重になったいまだからこそ必要なのかもしれません。

いままさに高まっているニーズに対してダイレクトに応えてくれる、みんなが読みたかった一冊です。

2位 『面倒くさがりの自分がおもしろいほどやる気になる本』

220615fl_brb03.jpg

面倒くさがりの自分がおもしろいほどやる気になる本
 著者:内藤誼人
 出版社:明日香出版社
 flierで要約を読む

家から出たくない、何をするにも何となくおっくう――。そう思ってしまうのは、ある意味で自然な人間の心理でしょう。

本書には、ついつい怠けがちな心を奮い立たせるノウハウがいっぱい。環境や仕組みを変えて習慣化することにより、「面倒くさいこと」を「面倒くさいと感じなくする」のです。

会社以外の場所で仕事しようにも、人の目がないとエンジンがかかるまでに時間がかかる人もいます。本書で「仕事で本気を出すのは全体の2割とし、8割は手を抜く」といったコツを押さえ、ものぐさな自分にサヨナラしましょう。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシアのガス輸出平均価格、22年に2倍超に=経済省

ビジネス

サハリン2新会社、日本の電力会社などに従来と同じ条

ビジネス

米ロス港湾局長、8月輸入の軟化予想

ワールド

台湾の駐米代表、中国の威嚇で逆に各国が訪台に関心と

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 2

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊するヒグマ

  • 3

    激変する「成績が良い」の基準──世界に遅れていた日本の初等中等教育が変わる

  • 4

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 5

    それでも中国は「脅し」しかできない...どうしても台…

  • 6

    【動画】Face IDが認識できなかった顔の男

  • 7

    幻覚作用のあるハチミツの食べ過ぎでクマがキマって…

  • 8

    ベラルーシのロシア軍に大規模なミサイル攻撃の兆候

  • 9

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 10

    ウクライナ「クリミア奪還作戦」の2つの狙い

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 3

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 4

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な…

  • 5

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊する…

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 8

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 9

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月