最新記事

コンテンツ訴訟

パイレート・ベイ対策に手を焼くレコード会社

違法ダウンロードサイトに業を煮やし、映画・レコード会社がプロバイダー相手にアクセス遮断を求める訴訟

2014年11月13日(木)17時21分
ジェフ・ストーン

訴訟は慣れっこ 違法ダウンロードサイトの創設者の1人ピーター・スンデ(左) Bob Strong-Reuters

 ピア・トゥ・ピアで手軽にファイルを交換・共用できるサイト「パイレート・ベイ」は、映画や音楽などのコンテンツ制作会社にとっては厄介な敵だ。映画会社やレコード会社は過去にもたびたびこのサイトを「著作権侵害の幇助」で訴えてきた。

 創設者らが損害賠償や懲役刑を科されるなど、コンテンツ制作側は一定の勝利を収めてきた。だがサイトは存続し、違法ダウンロードはいっこうになくならない。しびれを切らした映画・レコード会社はパイレート・ベイ発祥の地スウェーデンのインターネット接続サービス会社を相手取って訴訟を起こした。

 スウェーデンの著作権法はアメリカよりもかなり手ぬるい。それでも裁判の行方によっては、スウェーデン国内でもパイレート・ベイの利用が大幅に制限される可能性がある。

 訴訟を起こしたのは、ソニー、ワーナー、それにスウェーデンの映画産業組合と世界屈指の老舗映画会社であるデンマークのノルディスク。訴えられたのはスウェーデンの大手プロバイダー、B2ブロードバンドだ。原告側のレコード・映画会社はこれまでB2にパイレート・ベイへのアクセスを遮断するよう求めてきた。だがB2が顧客の行為についてはプロバイダーは責任を持てないとして、この要請を突っぱねため、レコード・映画会社が訴訟に踏み切った。

 パイレート・ベイは03年の創設以来、じわじわ利用者を増やし、日に何百万件ものアクセス数を誇るまでに拡大した。利用者にとっては映画や音楽やゲーム、ソフトウェアなどをただでダウンロードできる便利なサイトだ。

 このところまた、このサイトがメディアを通じて悪名を轟かせている。10月初めには創設者の1人ゴットフリード・スバルソルムがハッキング行為と重大な公共物破損で有罪判決を言い渡された。スバルソムと共にサイトを立ち上げた1人フレデリック・ネイジは長く逃亡生活を送っていたが、11月初めにタイとラオスの国境付近で逮捕された。

 今回の訴訟では、原告団はパイレート・ベイに加え、映画ストリーミングサイトのスウェフィルマーへのアクセスも遮断するようB2に求めている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

原油先物が軟調、中国需要の減退懸念やガザ停戦協議巡

ビジネス

再送-中国人民銀、予想外のMLF資金供給 金利引き

ビジネス

米産金ニューモント、第2四半期は利益が予想上回る 

ワールド

米大統領選でハリス氏の勝機は十分=独首相
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 9
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 10
    バイデン撤退で始動した「ハリス大統領」へのカウン…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中