最新記事

セキュリティーソフト

ウイルス対策ソフトは死んだ?

シマンテックの上級副社長の爆弾発言どおり、ウイルス対策ソフトはもはやサイバー攻撃の45%程度しか食い止められていない!?

2014年5月22日(木)14時37分
リリー・ニューマン

白旗 ウイルスをすべてブロックできないなら残りはどうする? Tony Avelar-Bloomberg/Getty Images

 80年代末に登場して以来、ウイルス対策ソフトは大して変化していない(ように見える)地味な商品だ。アップデートも自動的にダウンロードされ、その働きがディスプレイに表れることはめったにない。存在を実感するときがあるとすれば、コンピューターのスピードがひどく遅くなったときだろうか。

 ウォールストリート・ジャーナル紙によると、ウイルス対策ソフトの大手シマンテックのブライアン・ダイ上級副社長(情報セキュリティー担当)は、ウイルス対策ソフトは「死んだ」と衝撃発言。従来の方針を抜本的に変えることを示唆した。

 ダイによると、シマンテックはもはや「ウイルス対策ソフトを儲かる商品と考えていない」。今後はハッカーをブロックするのではなく、システム内のハッカーを発見して、それがもたらすダメージを最小限に抑えるサービスに力を入れるという。

 実際、サイバーセキュリティー業界は、どんなシステムにも弱点が存在し、ハッカーはそれを利用して侵入してくると認める方向にシフトしている。そうなれば当然、システムを防御する方法も違ってくる。

 これまでのウイルス対策は、ウイルスと弱点のリストを常に更新して、それに対する防御ソフトや修復ソフトを配布するというものだった。新サービスではこういうやり方はしない。

 シマンテックは今後数カ月で、顧客に最新の攻撃について情報提供するとともに、ネットワークサーバーや機器をスキャンして疑わしいコードを発見するサービスを展開していく。

 新たなビジネスはシマンテックの経営面でも重要な課題だ。同社の売上高は3四半期連続で前年同期を下回っている。

 ダイによれば現在、シマンテックの看板商品「ノートン」などのウイルス対策ソフトでは、サイバー攻撃は45%程度しか食い止められていない。今後も1次チェック手段として使うことはできるが、新サービスで補う必要があるという。

 ウイルス対策ソフトの利用者としては複雑な心境だ。

© 2014, Slate

[2014年5月20日号掲載]

ニュース速報

ワールド

「信頼できない」中国アプリ、アプリストアから削除を

ワールド

ブラジル中銀、政策金利を2.25%から2.00%に

ワールド

コロナワクチン、来年初めまでに数千万回分用意も=フ

ビジネス

米株上昇続く、ダウ373ドル高 ディズニー決算が支

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 5

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 6

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 7

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 8

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 9

    東京都、30日コロナ感染367人で過去最多 小池知事、酒…

  • 10

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月