最新記事

ウォール街

それでもゴールドマンが愛される理由

金融危機での不始末やイメージダウンでも顧客が離れることなく、今も投資銀行業務は絶好調

2011年8月29日(月)12時48分
ベサニー・マクリーン

名門の力 顧客第一でなくなってもゴールドマン・サックスの信用は揺らがない? Brendan McDermid-Reuters

 金融大手ゴールドマン・サックスの今年第2四半期の利益が10億ドルを超えた。すごい数字のように思えるが、専門家たちの予想よりはずっと少ない。アナリストや投資家は「同社が道を見失ったのではないかと疑っている」と、ウォール・ストリート・ジャーナル紙は報じた。

 とはいえ実際は、今期の業績にはゴールドマンにとってかなりプラスの要素もある。金融危機での不始末や、それに伴うイメージダウンで顧客離れが起きると思われていたが、そうはならなかった。

 同社は昔から、貪欲なマネーゲームであるトレーディング業務と、顧客サービスや企業育成に重点を置く投資銀行業務の両方を手掛けている。

 00年には投資銀行業務が同社の利益の3分の1以上を占めていたが、ネットバブル崩壊後は激減。主力業務はトレーディングへとシフトしていった。06年に商品相場部門出身のロイド・ブランクファインがCEOに就任したことは、トレーディングに重きを置いている証しに思えた。そして一流の投資銀行家たちはゴールドマンから去っていった。

 次第に同社は「顧客の利益を最優先する」という昔ながらの経営理念を喧伝しながら、実際は自社の利益を優先する会社になった。08年の金融危機では、それが誰の目にも明らかだった。

「頭の切れるサメ」のような存在

 しかしそれでも顧客は去らず、ゴールドマンの銀行業務部門は今も順調だ。第2四半期の利益は、前年同期比で54%増加。投資銀行にとって最も望ましい仕事であるM&Aの顧問業務は業界1位で、証券関連サービスでもトップに位置付けている。

 弱点はというと、すべてトレーディング部門に集中している。同部門の利益は50%以上下がった。

 なぜゴールドマンの銀行事業部門は繁盛しているのか。1つには、顧客が何も分かっていないからかもしれない。あるいは、会社の利益を顧客より優先すると知っていても、気にしない顧客が多いのかもしれない。

 07年にゴールドマンとの顧問契約を検討していた貯蓄貸付組合ワシントン・ミューチュアル社のCEOケリー・キリンジャーは当時、こう結論付けた。「連中は頭が切れるが、顧問に迎えるのはサメと一緒に泳ぐようなものだ」

いや応なく変化した業務環境

 顧客にしてみれば、頭さえ切れれば強欲でも構わないのかもしれない。あるいは、ゴールドマンが改心したと思っている可能性もある。

 しかし、企業に一度根付いた理念を変えるのは容易ではない。ゴールドマンの理念が本当にトレーディング重視になり、顧客サービスの精神を失ったのなら、3年やそこらで元に戻るはずがない。

 ゴールドマンの業務環境は、同社の意向とは関係なく変化しているとも言える。サブプライム危機以降、ウォール街の企業はいや応なく自己資本比率の増加を求められてきた。その結果、収益性は低下する。

 金融規制改革法であるドッド・フランク法の施行による収益性の変化や、銀行による高リスクな取引などを制限するボルカー・ルールの影響も気になる。

 今年ゴールドマンの株価は最高値が175ドルに達したが、今では130ドル前後。トレーディング部門の業績はしばらく上向きそうもないし、好調な銀行業務も利益は全体の20%にすぎない。資金管理部門も慢性的に業績が悪い。

 それでもゴールドマンは、他の会社が喉から手が出るほど欲しがる資産を持っている。それは忠実な顧客だ。

[2011年8月 3日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日鉄、ポンペオ氏をアドバイザーに トランプ前政権閣

ワールド

〔情報BOX〕米民主34議員、バイデン大統領に撤退

ワールド

世界的システム障害、航空便や医療など影響多岐に 脆

ワールド

日米の防空ミサイル増産協力、ボーイングの部品供給が
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 6
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 7
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 8
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中