最新記事

財政

先進国がデフォルトする日

次第に現実味を帯びてきた債務不履行。日米などが借金を続けられるのは、投資家の信認が保たれている間だけだ

2009年12月2日(水)15時23分
ロバート・サミュエルソン(本誌コラムニスト)

 先進国の政府が貸し手に「借りた金は返さない」と宣言する事態が起き得ると聞かされても、少し前なら誰も信じなかっただろう。アルゼンチンやロシアならともかく、まさかアメリカや日本やイギリスに限ってそんなこと......。

 その「まさか」がすぐに起きるとは思わないが、あながちあり得ない話とは言い切れなくなってきた。裕福な国々の政府が多額の借金を続けているので、「貸し手は将来も貸し出しを続け、政府はこれからも借金返済を続ける」という前提が崩れる日が訪れるかもしれない。

 そんな事態に陥ったら世界にどんな影響が及ぶだろう。歴史を振り返っても、ほとんどヒントは見つからない。この疑問を考える上で重要なのは人間の心理だ。 

 別の大きな問題を元に考えてみよう。ドルが市場の信認を失って売られ、円やユーロ、金、原油が買われるという懸念が広がったらどうなるか。ドル安を恐れた多くの投資家が売りに走ることでドルの価値が低下し、アメリカの株式や債券の投げ売りが起こるかもしれない。

 こうした指摘は昔からあったが、実際には起こらずに済んでいる。これまでのドル安には秩序があった。アメリカの政治的安定や巨大な富、低インフレ率などのおかげで、ドルは堅い信認を維持してきた。だがいつの日か何かの拍子で信認が崩壊する可能性はある。

 政府債務もドルと同様、微妙な心理的バランスの上で秩序を維持している。

 いい例が日本だ。09年の財政赤字のGDP(国内総生産)比は単年度で10%か、それを上回る。債務残高のGDP比は200%に近づいている。

日本で起きた異常な現象

 日本では経済の伸び悩み、度重なる景気刺激策、社会の高齢化、世界的な景気後退を背景に借金が膨らんできた。19年には債務残高のGDP比は300%になり得ると、米金融大手JPモルガン・チェースは予想する。

 この数字をどう考えたらいいのか。20年前に誰かが、日本の債務がこれほど膨張するとの予想を発表したら、こんな懸念が広まっただろう。「赤字はもう手に負えないレベルだ。日本政府が高リスクに見合う高い利息を付けない限り、貸し手は見つからないだろう。債務不履行(デフォルト)に陥るか、政府が高インフレを起こして債務を軽減する恐れがあるからだ」

 だが実際には逆のことが起きた。日本の投資家がその借金の94%を引き受けたのだ。日本国債10年物の利回りは90年には7・1%だったが、今では1・4%まで下がっている。

 一応の説明はなんとでもつく。日本は個人の貯蓄率が高く国債の買い手はごまんといる。デフレ気味で物価が下がっているので、低い利回りでも受け入れられる。投資家は新規発行分も発行済みの国債もきちんと償還されるとまだ信じている......。

 だが今までうまくいったからといって、日本やアメリカなど先進国政府が好きなだけ借金できると考えるのは誤りだ。好きなだけ借りられるのは投資家の信認が保たれている間だけ。その信認はいつか消え去るかもしれない。

 先進国はどこも似たようなジレンマに直面している。借金は危険な水準を超えてさらに膨れ上がっている。

 米議会予算局がオバマ政権の予算案を基に推計したところ、連邦政府の債務残高の対GDP比率は08年末の41%から19年末には82%になる。09年には1700億ドルだった支払い利息は、19年には7990億ドルに増える見込みだ。

債務不履行の危険な魅力

 とはいえ、赤字を減らすために支出削減や増税に動けば、国民に痛みを強いることになる。かえって経済を弱体化させ、赤字を増やす結果になりかねない。

ニュース速報

ワールド

アングル:トランプ氏6人の側近、対中強硬へ足並み 

ワールド

米の香港優遇措置撤廃、「無謀で恣意的」と中国共産党

ビジネス

ルフトハンザ救済案、ドイツ政府と欧州委が暫定合意=

ワールド

ミネソタ州黒人死亡、殺人容疑で元警官訴追 検察「最

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 2

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 3

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 6

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 7

    ブラジル、新型コロナ感染爆発 1日で過去最多2万641…

  • 8

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 9

    米、香港への優遇措置もはや継続できず 中国による…

  • 10

    中国がWHOに送り込んだプロパガンダ宣伝マン

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月