最新記事

豊かなニッポンに支援は不要か

3.11 日本の試練

日本を襲った未曾有の大災害を
本誌はどう報じたのか

2011.06.09

ニューストピックス

豊かなニッポンに支援は不要か

世界第3の経済大国は自力で復活できる——そんな声も国外から聞こえるが

2011年6月9日(木)09時54分
大橋希、佐伯直美(本誌記者)

 裕福な先進国ニッポンに義援金など必要ない──東日本大震災のニュースが駆け巡るなか、日本国外ではそんな論調の記事がメディアやネットをにぎわせた。ロイター通信は「日本に寄付するな」と題したコラムをサイトに掲載し、「カネが必要なら国内で集めればいい」と言い放った。

 確かに日本は世界第3の経済大国で、ハイチやインドネシアなどの途上国とは事情が違う。フランスやイギリス政府は救助隊派遣や物資援助は行うものの、義援金拠出は見送った。日本ユニセフ協会も当初、寄付金が余った場合は他国での援助に回す可能性があるとしていた(後に撤回し、すべて東日本大震災の被災者支援に使うと表明)。

 ハイチ大地震ではすぐ支援に立ち上がったアンジェリーナ・ジョリーやジョージ・クルーニーら欧米の大物セレブも、今回は何の動きも見せていない。

 日本は本当に助けを借りなくても難なく復活できるのか。答えはノーだ。東日本大震災は、日本に限らずいかなる先進国でも立ちすくむ未曾有の試練。地震、大津波、原発事故の三重苦からの復興の道は、気が遠くなるほど果てしない。政府の推計では東日本大震災の被害総額は16兆〜25兆円と、阪神淡路大震災の約10兆円を大幅に上回る。

 警察庁によれば3月25日時点で、避難所で暮らす市民は24万人を超える。1日も早い仮設住宅の建設を求める声もあるが、津波により広範囲にわたって根こそぎ破壊された地域社会が、再び機能するようになるまでの時間も費用も計り知れない。

 復興に向けたスタート地点に立つ以前にも、遺体の収容や瓦礫の除去、ライフラインの復旧など、解決しなければならない問題が山積している。「阪神淡路大震災のときとはまったく違う」と、04年のスマトラ沖地震・インド洋津波や阪神淡路での支援活動経験がある青山学院大学大学院の塚本俊也教授は言う。「今回の津波の破壊力はすさまじい。スマトラ島と同じような状況を日本で見るとは思わなかった」

先進国ならではの問題も

 そんななか、国内外から集まる寄付金が余る事態があり得るのか。義援金は通常、各県が主体となる義援金配分委員会を通じて被災者に直接届けられる。1世帯当たりの義援金受取額は北海道南西沖地震で2519万円、新潟県中越地震で216万円だったが、被災者数が多かった阪神淡路は40万円と少なかった。東日本大震災の被害規模を考えれば、どれほど多くの義援金が集まっても十分とは言えないかもしれない。

 また、今回の震災では先進国ならではの問題も生じている。大災害が起きた際、被災の現場には医療救援団体から民間ボランティアまでさまざま支援組織が集まってくる。そんななかでは地域全体の状況を把握し、人員や物資を無駄なく配分できるよう調整する組織が不可欠だ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日経平均は7日続落し1200円超安、今年最大の下げ

ビジネス

日産、今期営業益5000億円に下方修正 販売計画は

ビジネス

キヤノン、通期営業益を4650億円に引き上げ 市場

ワールド

フィリピン沖でタンカー沈没、燃料が流出 1人行方不
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中