最新記事

知られざる在日米軍の素顔<br>第1章──野営と実弾訓練とハンバーガー

在日米軍の真実

海兵隊の密着取材で見た
オキナワ駐留米兵の知られざる素顔

2010.03.31

ニューストピックス

知られざる在日米軍の素顔
第1章──野営と実弾訓練とハンバーガー

「レイプ」や「ヘリ墜落」でのみ語られる沖縄の兵士たち
極東の楽園でイラクや北朝鮮の幻影と戦う彼らの真実とは

2010年3月31日(水)12時05分
横田 孝(本誌記者)

戦闘に備えて 実戦を想定した地雷爆破訓練の様子(キャンプ・シュワブ) Peter Blakely-Redux


普天間基地の移設問題で、在日米軍の存在が再び問われている。沖縄での犯罪や事故といった問題のみがクローズアップされてきた在日米軍だが、彼らの勤務実態や日々の生活はあまり伝えられない。米軍再編交渉を目前にした2005年春、海兵隊の野営訓練から米空軍F15戦闘機飛行訓練まで、本誌記者が4か月に渡る密着取材で見た在日米軍の本当の姿とは──。


 米軍の兵士は、母国では英雄としてたたえられる。だが最近では、海外で任務に就く米兵たちが感じる視線は冷たいものだ。アフガニスタンとイラクの戦争、アブクレイブ刑務所での捕虜虐待問題などのスキャンダルを経験して、「米兵」という言葉に世界の人々がいだく印象はすっかり変わってしまった。

 米軍と米兵の国際的イメージは悪くなる一方だ。02年、韓国では在韓米軍車両による少女2人の死亡事故をきっかけに、大規模な抗議デモが発生。05年3月には、イラクでイタリアの情報機関職員が米兵の誤射で死亡する事件があり、イタリア国民の怒りを買った。このような事件が起きると、メディアは大々的に取り上げる。米兵のなかには、それにいらだちを隠さない人たちもいる。「メディアは本当にムカつく!」と、05年3月半ばに話を聞いたある海兵隊員は軍用車両の中でぶちまけた。「俺たちのやることに全部ケチをつけやがる! 命を張っているのに、冗談じゃねぇってんだよ!」

 日本での米軍のイメージが悪いのは、今に始まったことではない。第二次大戦後、米軍は日本の安全保障の柱として駐留を続けてきた。沖縄本島には現在、37の米軍施設があり、約5万人の米兵と家族が生活している。米軍機の墜落事故も繰り返されてきたし、近隣住民への騒音被害もなくならない。72年の沖縄返還の後だけでも、米兵がらみの刑事事件は5300件を超える。

 沖縄の住民は今、駐留米軍の規模が縮小されるという期待に賭けている。もっとも日本にとって、在日米軍の戦略的価値は下がっていない。中国の急激な軍備増強を考えると、日本は今後もアメリカの軍事力に頼ることになる。アメリカにとっても、中国の潜在的脅威を封じ込めるために、日本の力がますます必要になる。

 こうした議論をよそに、沖縄の米兵たちの素顔と本音はほとんど知られていない。95年の海兵隊員による少女暴行事件に始まり、昨年の沖縄国際大学への米軍ヘリ墜落事故にいたるまで、日本の報道は在日米軍を巨大な怪物のように描いてきた。事件を起こした兵士に厳しい批判が浴びせられるのは当然だが、それ以外の大多数の兵士は光を当てられることもなく、単に「米兵」とひとくくりにされてきた。

 政治家や学者と同じ視点から見るだけでは、在日米軍の本当の姿はわからない。本誌は05年3月から数回にわたり、沖縄の海兵隊部隊と空軍の戦闘機パイロットに密着した。海兵隊員と共に訓練場で野営し、F15戦闘機の訓練に同乗し、勤務時間外の日常をつぶさに観察することで、兵士たちの思いや生活の「真実」が見えてきた。

 「ぐずぐずするな!」

 作業の遅れている隊員に、ジョン・ハンド上等兵の罵声が飛ぶ。

 午前6時30分。沖縄本島北部名護市にあるキャンプ・シュワブの第3海兵師団戦闘強襲大隊本部。防弾チョッキにヘルメット、M16自動小銃を装備した戦闘工兵中隊・第2小隊が訓練に向かおうとしていた。18人の隊員たちは、トラックに弾薬や野戦食を積み込んでいく。

ニュース速報

ワールド

OPEC、非加盟国同意なら減産3カ月延長で合意へ 

ワールド

WTOパネル、日本の訴え支持 韓国ステンレス棒鋼関

ビジネス

米株は利益確定で反落、S&P月間上昇率は11月とし

ワールド

英EU通商交渉、時間切れの恐れ 週央にも緊急措置

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、バイデンのリードが拡大に

  • 3

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝罪 

  • 4

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 5

    「実は誰も会った人がいない」韓国政界で囁かれる文…

  • 6

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 7

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 8

    「夢の国」ディズニーの......リストラが止まらない

  • 9

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 10

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 5

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 6

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 7

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 8

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月