最新記事

知られざる在日米軍の素顔 <br>第4章──任務:ミグ殺し

在日米軍の真実

海兵隊の密着取材で見た
オキナワ駐留米兵の知られざる素顔

2010.03.31

ニューストピックス

知られざる在日米軍の素顔
第4章──任務:ミグ殺し

「レイプ」や「ヘリ墜落」でのみ語られる沖縄の兵士たち
極東の楽園でイラクや北朝鮮の幻影と戦う彼らの真実とは

2010年3月31日(水)12時02分
横田 孝(本誌記者)

任務は日本防衛 嘉手納基地のF15戦闘機パイロット(ハフ中尉(左)、ルイス中佐) Peter Blakely-Redux


普天間基地の移設問題で、在日米軍の存在が再び問われている。沖縄での犯罪や事故といった問題のみがクローズアップされてきた在日米軍だが、彼らの勤務実態や日々の生活はあまり伝えられない。米軍再編交渉を目前にした2005年春、海兵隊の野営訓練から米空軍F15戦闘機飛行訓練まで、本誌記者が4か月に渡る密着取材で見た在日米軍の本当の姿とは──。


 屋良朝徳(63)は定年後、海岸でのサイクリングや、北谷町にある「美浜アメリカンビレッジ」での無料足浴を楽しんでいる。屋良は、20万人が死んだ60年前の沖縄戦で両親を亡くした。米軍を敵視してもおかしくはない。

 「一人ひとりの米兵に反感はない。子供のころからここにいるから、彼らを見ると当時を思い出す」と、屋良は話す。問題なのは基地の存在であり、そこにいるのがアメリカ人か日本人かは関係ないという。

 それは米兵たちもわかっている。「もちろん、米軍の存在に憤っている人たちもいるだろう」と、リーチ上等兵は言う。「でも同時に、俺たちは沖縄の人たちをサポートしようとしている。生活の邪魔をせずに、だ。米軍がいるから、沖縄は攻撃される心配がない」

 その点は議論の余地がある。北朝鮮は、朝鮮半島で再び戦争が起きれば、沖縄の米軍基地を攻撃すると警告している。

 冷戦当時、米軍の存在が地域に力の均衡をもたらし、平和主義の日本に対する攻撃を抑止した。だが今では東アジアの安全保障は日米双方にとって困難なものになっている。北朝鮮は核保有を宣言し、急速な軍拡を進める中国は、台湾独立の動きがあれば武力で阻止する姿勢を明確にしている。

 ここに米軍駐留のジレンマがある。沖縄の基地、とくに嘉手納空軍基地は、紛争が起きる危険性のある地域に近いため、「太平洋の要石」と言われる。嘉手納所属の第44戦闘中隊司令官、ウィリアム・ルイス中佐も、こう言う。「台湾、中国、朝鮮半島は射程距離内」だ。だがそのせいで沖縄が標的にされると、地元の人々は心配している。「北朝鮮と戦争になれば、沖縄の米軍基地は攻撃されるだろう」と、屋良は言う。「戦争になると、みんな正気でなくなる」

 第44戦闘中隊の本部へ行く途中に、1軒のバーがある。名前は「バットケーブ(コウモリの洞窟)」。中隊のあだ名が「バンパイア」だからだ。バーの壁には、パイロットの名前入りのビアマグがかけられ、冷蔵庫には飲み物がぎっしり。壁にはF15戦闘機とパイロットの写真も張ってある。テーブルにはこんな走り書きもあった。「ミグ殺しに力を合わせよう」。Killing MiGs is a team effort(ミグはロシア、中国、北朝鮮が使用する戦闘機)。

 バンパイアの発足は41年。日本との間には長い歴史がある。真珠湾で零戦に戦闘機の大半を破壊され、ソロモン諸島では日本軍を玉砕に追い込んだ。

 60年後の今は、その日本を守っている。「任務は日本の防衛だ。日本から要請があれば、それに応じる。(中国や北朝鮮が)何かしたら、たたきのめすまでだ」と、F15戦闘機のパイロット、ハフ中尉は言う。

 兵士には、アメリカ外交の道具であるというジレンマがつきまとう。「大統領が選出された時点で、私は大統領とその意思を忠実に守る。それが民主主義だ。国民がリーダーを選ぶんだから」と、ハフは言う。「でも決定は合法的であることが大前提だ。大統領が大量虐殺を命じたら、『何ですって?』と聞き返すさ」

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 4

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 5

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 6

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 7

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 8

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 9

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 3

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 6

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 9

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月