最新記事

スペイン風邪の悪夢に学べ

迫りくるパンデミック

感染症の新たな脅威が 人類に襲いかかる

2009.05.15

ニューストピックス

スペイン風邪の悪夢に学べ

世界で死者2000万人を出した1918年のスペイン風邪。各国政府の対応が後手に回ればその再現は免れない

2009年5月15日(金)19時01分
アン・アンダーウッド

 「ただのインフルエンザ」にすぎないと、衛生当局は言っていた。だが1918年9月初め、ボストン郊外にあるディベンス米陸軍駐屯地に到着した軍の医療チームは、それが普通のインフルエンザではないことにすぐ気づいた。

 収容人数1200人の駐屯地の病院は6000人もの患者であふれ、予備の部屋や廊下、ポーチにまでベッドが並べられていた。200人いる看護師も70人が病に倒れ、排泄物で汚れた患者のシーツを取り換える者もいない。吐血したり、耳や鼻から出血している患者もいた。

 瀕死の状態に陥った患者は肌がどす黒くなり、医師によれば、白人患者を黒人と見誤ることもあったという。ある医師は、その晩に大勢の兵士が亡くなり、霊安室には遺体が「薪の束のように積まれていた」と報告している。

 ディベンス駐屯地を襲ったのは、世界中で猛威を振るったスペイン風邪だった。この大流行の経緯について解き明かした本が、ジョン・バリーの『恐るべきインフルエンザ――史上最悪の疫病の物語』だ。

人前で咳をしたら懲役1年

 蔓延を抑えようとする科学者の必死の努力にもかかわらず、スペイン風邪ウイルスによる死者は世界中で2000万人を超えた。その大きな要因の一つが、当局の対応の鈍さだった。いたずらに国民を安心させ続けた結果、手遅れになった。

 当時は第1次大戦中で、米軍の司令官たちは医師の訴えを無視し、兵士たちを船で国外の戦地に送り続けた。満員の船内にはウイルスが蔓延し、輸送船は海の棺おけと化した。

 米国内ではパニックが起きた。アリゾナ州のある町は、握手を違法とする条例を制定。ニューヨークでは、人前で口を覆わずに咳をした者に懲役1年と500ドルの罰金を科した。
 こんな悪夢が再現されるおそれはあるのだろうか。鳥インフルエンザがアジア全域に広がりつつある今、スペイン風邪の教訓に学ぶべきものは多い。

 「新たな脅威が発生したら、対応に必要なあらゆるものをWHO(世界保健機関)に与えるとともに、各国政府が迅速かつ誠実に行動しなければ、大流行の再来はほぼ避けられない」と、バリーは懸念する。
 一般に鳥インフルエンザと呼ばれているH5N1型は、今のところ人に対して大規模感染を引き起こすウイルスには変異していない。

鳥インフルエンザとの類似

 だが、インフルエンザウイルスは短期間に突然変異する。人間のインフルエンザにかかった人が鳥インフルエンザに感染した場合には、二つのウイルスが遺伝物質を交換し、危険な新種を生み出すおそれもある。

 スペイン風邪のウイルスも、起源は鳥インフルエンザにあるようだ。先週、サイエンス誌(電子版)に発表された論文によると、スペイン風邪ウイルスの表面のタンパク質の構造は、考えられていた以上に鳥ウイルスに似ていたという。

 「一つのアミノ酸の変化が、人間への感染力を強める決定的な変化だったとみられる」と、研究を行った米陸軍病理学研究所のジェフリー・タウベンバーガーは言う。タウベンバーガーらは、アラスカの永久凍土に埋葬されていた遺体など、スペイン風邪の犠牲者の肺組織からウイルスのRNAを採取。そこからゲノムの75%を解読した。

 通常でも、アメリカではインフルエンザによる死者は年間3万6000人に達する。ここに新たなウイルスが発生すれば、ワクチンや抗ウイルス剤の助けがあるにしても、死者の数はその何倍にも及ぶだろう。

 1918年当時、ある科学者は「あと数週間で文明が消滅してもおかしくなかった」と述べた。そんな危機を、再び招くことがあってはならない。

[2004年2月18日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

2020年の海外直接投資、対中国が最大 先進国向け

ワールド

オランダ各地でコロナ規制に抗議しデモ、240人超拘

ワールド

バイデン政権、1.9兆ドルの追加コロナ対策巡り与野

ワールド

安保条約、尖閣に適用を確認 日米防衛相電話会談

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 2

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプをドローンが狙う画像掲載

  • 3

    英変異株で致死率は65%も跳ね上がった 新局面を迎えた対コロナ戦争【コロナ緊急連載】

  • 4

    バイデン、分断の厳しさにさっそく直面 テキサス州「…

  • 5

    EU復帰はあり得ない──イギリスの将来を示すスイスの…

  • 6

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてし…

  • 7

    「中国に甘いバイデン」は誤解、対中改善しようにも…

  • 8

    日本食を芸術へと高める「ワサビ」の里 山と海をつ…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 7

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 8

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 9

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 10

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月