コラム

2013年から続くトランプの一途な「プーチン愛」、侵攻も「不動産屋」目線で絶賛(パックン)

2022年03月08日(火)18時30分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
プーチンとトランプ

©2022 ROGERS-ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<プーチンのウクライナ侵攻を「天才」「賢い」とたたえるトランプは、「メキシコとの国境に使えそう」とまで発言している>

ドナルド・トランプ前米大統領は、長すぎるネクタイと同じぐらい専制主義の指導者が大好物のようだ。ハンガリーのオルバン、トルコのエルドアン、フィリピンのドゥテルテ、エジプトのシシ、中国の習近平など国際社会の「反社」をたたえ、「タフでヤバイ奴ほど、俺は打ち解ける」と、独裁者と意気投合することを率直に明かす。北朝鮮の金正恩とは「恋に落ちた」とまで話している。あぁん♡。

「好きな人」がたくさんいるなか、トランプの本命はやはりロシアのプーチン大統領だろう。2013年に「僕の親友になってくれるかな?」とラブコールを送ってから繰り返し「賢い」「強い」「優しい」「尊敬する」「評価するべき」「娘じゃなければ恋人にする」などと好意を示している。おっとすみません、最後のは長女イバンカに関する発言だった。失敬!

人となりだけでなく、プーチンの行動も好きなようだ。ロシアがクリミア半島を併合すると「責任を引き受けて素晴らしい仕事をしている」と発言。15年には、ロシアでジャーナリストが次々と殺されていることについて「少なくとも彼はリーダーとして国家を運営している。だがアメリカにはリーダーがいない」と述べた。17年にロシア駐在の米外交官が追放されると「人件費の節約をしたかったから、ありがたい」と、悪行でも絶賛だ。

そんなプーチンにベタぼれのトランプでも、最近の発言にはびっくりだ。なんとロシア軍をウクライナに攻め込ませたプーチンを「天才!」「なんて賢いんだ」とたたえた。そして「広々とした場所、素晴らしい土地と大勢の住民をゲットするだろう」と、不動産屋目線で侵略を評価した。確かに、ウクライナは敷地面積も広いし、立地条件もいいし、入居率も高い。だが、投資物件ではなく主権国家ですよ、ドナルド!

さらに怖いことに「平和維持軍」は「こちらでもメキシコとの国境に使えそうだ」とも言っている。どうやら、チャンスがあればプーチンの手段をアメリカにも導入したい様子だ。

男同士の同性愛は普通でも、独裁愛はさすがに許容できない。それでも、トランプが正しいときもある。アメリカは「バカな国だ」という最近の発言も事実だろう。大統領になれたトランプはその生き証人だし。

ポイント

WHAT DO YOU CALL A PARANOID MEGALOMANIAC BENT ON STARTING WWIII?
第3次世界大戦を勃発させようとしている誇大妄想狂をなんと呼ぶ?

GENIUS!
天才!

 20220705issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年7月5日号(6月28日発売)は「広がるインフレ 世界経済危機」特集。ウクライナ戦争、急激なインフレ、食料・エネルギー不足、そして米バブル崩壊。「舵取り役」なき世界経済はどこへ


プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

リシチャンスク住民に即時避難呼びかけ、ロシア砲撃で

ビジネス

中国が検討、オンショア人民元取引時間を深夜まで延長

ビジネス

伊インテーザ・サンパオロ株が上昇、ECBが自社株買

ビジネス

ルーブル、2%下落後持ち直す ロシア国債デフォルト

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 3

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR会社」と「情報戦」の深層

  • 4

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    カムバック期待のBLACKPINKが築き上げた「帝国」の富…

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく悶える

  • 4

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 5

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 8

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中