コラム

議会襲撃とBLM、2つのデモで米警察が見せたダブルスタンダード(パックン)

2021年01月22日(金)17時00分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
議会襲撃とBLM、2つのデモで米警察が見せたダブルスタンダード(パックン)

A Stark Double Standard / ©2021 ROGERS-ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<事実無根の主張に煽られたトランプ支持の白人による議事堂乱入には手を貸し、不公平の是正を求めるBLMには厳戒態勢>

今月6日、(空想上の)選挙不正を訴え、大統領選の結果承認を阻止するべく大勢のトランプ支持者がアメリカ連邦議会議事堂に乱入した。窓を割る人もいれば、芸術作品を盗む人もいた。下院議場に押し入り、演台を持ち出す人もいれば、下院議長執務室の椅子でくつろぎ机に足をかけてしまう人もいた。しかも、日本の方が最も憤りそうなことに、土足で!

力で選挙結果を覆し、政府を変えようとした点では前代未聞の反逆行為ではあるが、デモ隊が首都で行進するのは初めてのことではない。記憶に新しいのは昨年6月。黒人に対する警察の暴力に抗議する Black Lives Matter(BLM)のデモがワシントンにやって来た。その時、迷彩服姿で武装した州兵が彼らの前に立ち、行進を止めた。もちろん、政府の施設や職員を守るために。ホワイトハウス前の広場に警察の騎馬隊が出動し、催涙弾やゴム弾でデモ参加者を排除した。もちろん(?)、トランプが広場を渡り教会の前で聖書を持って記念撮影したかったために......。とにかく、警備はやればできる!

でも今回、州兵は現れず、ゴム弾も催涙弾も使われなかった。警備体制に本腰が入っていない様子。もちろん、警察が全く役に立たなかったわけではない。参加者と自撮りしたり、議事堂を案内したり、バリケードをどかしたりした警察官もいたようだ。つまり、デモを助長するほうに役に立っている!

どうやらデモ参加者の肌の色と目的で警備が変わるらしい。アメリカで黒人は白人の2.5倍の割合で警察に殺されている。これは事実。その是正を求めてデモする黒人は暴力で退けられる。一方、大統領選での大規模な選挙不正は1つもないと50以上もの裁判で証明されているのに、事実無根の主張の下で反乱を起こす白人は、政府中心部まで親切に通される。どうも納得いかない。

しかし、そこまで不思議な事態ではないかもしれない。そもそもウソや事実無根の主張、そして肌の色を武器に、ホワイトハウスまで通され4年間大統領府を占領した男もいる。彼を通したのは警察ではなく、有権者だったが、幸いなことに今回の大統領選挙でまた有権者が彼を締め出した。やればできる!

【ポイント】
U.S. POLICE PRESENCE
米警察の配置

WHEN BLACK PEOPLE MARCH FOR BASIC HUMAN RIGHTS
黒人が基本的人権を求めて行進するとき

WHEN WHITE PEOPLE MOUNT A VIOLENT INSURRECTION
白人が暴力による反乱を起こすとき

<本誌2021年1月26日号掲載>

20210309issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

3月9日号(3月2日発売)は「人民元研究」特集。一足先にデジタル化する人民元の本当の実力――中国の通貨はやがて世界を制するのか。[PLUS]「王者」米ドル、栄光と挫折の歴史

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ビジネス

原油先物が2%超上昇、ブレントはコロナ流行後初の7

ワールド

NY州議会の有力議員、クオモ知事の辞任求める セク

ビジネス

コロナ担当職員の残業問題、西村再生相が改善を担当政

ワールド

ワクチン接種証明書、EU各国は導入へ作業開始を=欧

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロナ禍の今、彼らは何を思うのか

  • 2

    中国の金採掘会社、南米や西アフリカで資産買い漁り

  • 3

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 4

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 5

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 6

    感染症対策に有効というビタミンD、どれだけ取れば大…

  • 7

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 8

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 9

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 10

    トランプ後継への隠し切れない野心、元国連大使ニッ…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 6

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 7

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 8

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 9

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 10

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!