コラム

トランプは「無能=無罪」が共和党の言い訳(パックン)

2019年11月27日(水)18時30分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
トランプは「無能=無罪」が共和党の言い訳(パックン)

He Is So Incompetent / (c) 2019 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<トランプの弾劾疑惑を「バカだから失敗」したと擁護する共和党の言い分は、それ自体が「バカだから失敗」するはず>

銀行に電話を入れ、大量の現金の「テイクアウト」を注文した強盗がいた。2010年のことだ。当然、銀行で御用となり、犯人自身が「お持ち帰り」された。もちろん有罪だ。風刺画が主張するとおり、普通の裁判では「バカだから失敗した」ということで許されやしない。

だが、ドナルド・トランプ米大統領の行為に関しては、そんな言い訳が飛び交っている。トランプはウクライナ政府に対し、軍事支援や首脳会談を交渉カードにして、政敵のジョー・バイデン前副大統領とその息子を捜査し、2016年の米大統領選挙にウクライナが介入した疑いについても捜査するよう求めたとされる。権力行使と自分の利益になるものの「取引」は収賄などの罪になるとし、民主党が弾劾調査中だ。

そこで共和党の重鎮、リンゼー・グラム上院議員は「トランプのウクライナ政策は支離滅裂」で「取引なんかできなさそう」とけなしながら、かばっている。「無能=無罪」という主張だ。

同時に、当該の捜査が開始されないままウクライナへの軍事支援が再開されたことで、取引は完了していないから収賄罪じゃないと、共和党は主張する。でも、軍事支援にストップがかかったのは今年7月初め。その後に、トランプが捜査開始を求めた電話会談が行われた。

8月に内部告発があり、9月9日に下院が調査を開始。そして、9月11日に軍事支援が再開された。つまり、バレた後の軌道修正だ。もちろん内部告発と調査がなくても、支援を再開した可能性はあるけど。警察に逮捕されなくても、銀行強盗が現金を返す可能性があるようにね。

未遂なら弾劾の条件を満たさないと言う人もいる。トランプ応援団長的存在、FOXニュースの司会者ローラ・イングラムが言うように「『収賄未遂』は憲法に載っていないから」!

ただ残念ながら、法律的には「収賄未遂=収賄」だ。日本の法律も「賄賂を収受、または要求、約束」と定義していて、アメリカの連邦法にも「要求し、求め、収受し......」とある。つまり、「テイクアウト」を注文した瞬間、強盗が成立するということだ。

この「バカだから失敗した」という弁護自体がバカで失敗するはず。だが、その判断は弾劾裁判を行う上院の議員に託される。彼らがバカだったらどうしよう。本当に無能=無罪かも。

【ポイント】
YOUR HONOR...MY CLIENT IS SO INCOMPETENT HE WAS CAUGHT WHILE STILL IN THE BANK VAULT!

裁判官、私の依頼人はとても無能なので、銀行の金庫室の中で捕まったんです!

SORRY THE REPUBLICAN IMPEACHMENT DEFENSE WON'T WORK HERE.
残念ですが、共和党の弾劾弁護のやり方はここでは通用しません。

<本誌2019年12月3日号掲載>

20191203issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

12月3日号(11月26日発売)は「香港のこれから」特集。デモ隊、香港政府、中国はどう動くか――。抵抗が沈静化しても「終わらない」理由とは? また、日本メディアではあまり報じられないデモ参加者の「本音」を香港人写真家・ジャーナリストが描きます。

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ワールド

焦点:トランプ氏弾劾、「権力乱用」と「議会妨害」は

ワールド

英総選挙、労働党の87歳ベテラン議員が保守党候補に

ワールド

米下院が高齢者の処方薬費用軽減で法案可決、トランプ

ビジネス

「4選」全く考えず、改憲は私の手で成し遂げたい=安

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 2

    中国で焚書令、文化大革命の再来か

  • 3

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

  • 4

    白人夫婦の中華料理店、「クリーン」を売りにしたら…

  • 5

    自己主張を守るという名の放任子育てが増殖中! 子…

  • 6

    これがフィンランドの新内閣 34歳サンナ・マリーン首…

  • 7

    トランプ、WTOの紛争処理機能を止める 委員たったの…

  • 8

    麻酔を忘れて手術された女性、激痛に叫ぶも医者が気…

  • 9

    自殺した人の脳に共通する特徴とは

  • 10

    加工した自撮り写真のように整形したい......インス…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 3

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 4

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボ…

  • 5

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 6

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 9

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 10

    次期首相候補、石破支持が安倍首相を抜いて躍進 日…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 7

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
ニューズウィーク試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!