コラム

パンダを政治利用してきた中国政府と比べて、単純すぎる日本人...かわいさも「パンダ並み」

2023年03月06日(月)12時30分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)
パンダ

©2023 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<「プロパガンダ」という言葉にも「パンダ」が隠れているのにね>

大熊猫(ジャイアントパンダ)の香香(シャンシャン)の中国への返還をめぐる日本人の大騒ぎは、中国でも話題になった。

【動画】中国にいたパンダに石を投げる愚か者

6年前に上野動物園で生まれたシャンシャンの両親は2011年に中国から借り受けたパンダなので、協定に基づいて2頭の間に生まれたシャンシャンも中国側に返還されなければならない。日本人のパンダファンは別れがつらくて泣き、行列を作って空港まで見送った。その記事は中国にも伝わり、日本人のパンダ愛とその情熱がネットで話題になった。「日本政府は嫌いだけど、その国の人々のパンダ愛は本物だ、感動した!」という投稿もあった。

日本人のパンダ愛は本物かもしれないが、「国宝」のパンダは長年、中国政府によって「熊猫外交」の道具として活用されてきた。共産党政権の中華人民共和国は1970〜80年代、国民党政権の中華民国・台湾と断交し、自らと国交を結んだ西側7カ国にパンダを贈った。言うまでもなく、これは台湾にはできない。その7カ国にはもちろん日本も含まれている。

その後も中国は仲良くしたい国にパンダを送り込んできた。一方で、仲が悪くなるとパンダの返却を求める。通信機器大手・華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)の孟晩舟(モン・ワンチョウ)副会長兼CFO(最高財務責任者)の拘束で中国ともめたカナダに今、パンダは1頭もいない。

黒か白か、対極の二色しかないパンダは、中国人の二元思考法を象徴する存在だ。そういう意味で、パンダは正真正銘、中国の国宝である。パンダを政治利用してきた中国政府と比べて、日本人は単純すぎる。日本人がパンダ好きな理由はズバリ好奇心だろう。珍しいものは何時間行列しても自分の目で確かめたい、という好奇心で日本人に並ぶ国民はそういない。3000日以上も上野動物園へパンダ撮影に通う日本人もいるそうだ。

パンダは事実上、中国政府の外交の道具として使われているのに、日本人はその政治的な意図を一向に気にせず、パンダそのものに情熱を注いで「かわいい」と感動して好きになる。この点では、日本人のかわいさもパンダ並みだ。「プロパガンダ」という言葉にも「パンダ」が隠れているのにね。

ポイント

大熊猫
中国南西部の四川省、陝西省、甘粛省に生息。体長120〜180センチ、体重70〜125キロ。野生ではタケの幹、葉、タケノコのほか昆虫やネズミも食べる。野生の個体は1800頭以上。

熊猫外交
アメリカ(1972年)、日本(72年)、フランス(73年)、イギリス(74年)、メキシコ(75年)、スペイン(78年)、西ドイツ(80年)に雌雄1頭ずつ寄贈。90年代以降は長期レンタル形式になった。

プロフィール

風刺画で読み解く中国の現実

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<トウガラシ>
作家·翻訳者·コラムニスト。ホテル管理、国際貿易の仕事を経てフリーランスへ。コラムを書きながら翻訳と著書も執筆中。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=S&Pとダウ小反発、エヌビディアは引

ビジネス

NY外為市場=ドル下落、FOMC議事要旨受け

ビジネス

FRB内のバランスシート縮小巡る議論、3月FOMC

ビジネス

FRB、尚早な利下げに懸念 不確実性強調=議事要旨
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 2

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 3

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 4

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 5

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 6

    南海トラフ巨大地震で日本を失わないために

  • 7

    台湾に100機近い気球を飛ばしてくる中国が意味不明

  • 8

    アウディーイウカ制圧「ロシアは大きな犠牲を支払っ…

  • 9

    中国株の暴落が止まらない 外国人投資家はほぼ撤退

  • 10

    2024年を生き抜いたプレーヤーが、Web3.0の未来を握る

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    「ノージャパン」はどこへ......韓国ソウルの街角に…

  • 7

    日経平均「ほぼ史上最高」を喜べない2つの理由

  • 8

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story