コラム

動物園のクマの四つ足切断──「足のあるものは机以外、何でも食べる」中国人の「口福」と逆襲

2023年02月07日(火)13時06分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)
動物

©2023 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<高級漢方薬のためにアフリカのロバが乱獲に遭い、動物園のクマの四つ足が切断される。新型コロナウイルスから人間が歴史を謙虚に学ぶとき>

「中国人は足のあるものは机以外、何でも食べる」と言われる。これは冗談ではなく実話である。

先日、「中国で阿膠(あきょう)の需要が増大しアフリカのロバが危ない」というニュースがネットで流れた。

阿膠は漢方薬で、中国で古くから美容・滋養の霊薬として金持ちや身分の高い層に愛用され、今でも高価で売られる人気の薬だ。その原材料であるロバの皮が中国国内で供給不足になり、アフリカのロバが乱獲の災難を被っているのだ。

中国の漢方には古くから、体の弱い部分をほかの動植物の同じ部分や似た形の部分で補う「以形補形(いけいほけい)」という考え方がある。

例えば胃腸や肝臓などの消化器系が弱い場合、熊胆(ゆうたん)という熊の胆嚢(たんのう)を食べる。

昔は熊の胆嚢を乾燥させ漢方薬として服用していたが、最近は「技術革新」が進み、狭い檻に閉じ込めた熊の胆嚢に直接管を挿し込み、生きた熊の新鮮な胆汁を毎日搾り取るやり方が生まれた。これはさすがに残酷だとニュースで批判されている。

また、「熊掌(ゆうしょう)」という熊の手も最高級の中華料理用食材として人気を集めている。かつてある動物園の熊が行方不明になり、発見された時、四本の手足が全て何者かによって切り落とされていた、ということもあった。

中国人の「口福」は動物たちの災難である。そして、動物たちは復讐を始めた。

20年前に中国を席巻したSARS(重症急性呼吸器症候群)はその一例だろう。香港大学の研究チームは当時、中国・広東地方の人々が好んで食べる野生動物ハクビシンがSARSウイルスの発生源と疑われると発表した。

3年前に発生した新型コロナウイルスの発生源は不明のままだが、発生源とされる武漢市内の市場では、事件の前にウイルスを人間に感染させることのできる30種類以上の動物が食用として売られていた。武漢ウイルス研究所のコウモリも発生源と疑われるが、科学者が実験済みの動物を不正販売した事件も中国には過去に存在する。

「われわれが歴史から学ぶことは、人間が歴史から学ばないということだけだ」。ドイツの哲学者ヘーゲルのこの名言は、「何でも食べる」中国人の非常識な「口福」にぴったりだ。

ポイント

口福
コウフー。「ごちそうにありつく運」「とてもうまいものを食べて口の中が幸せだ」という意味の中国語。「眼福」の口版。

武漢ウイルス研究所
中国科学院武漢病毒研究所。1956年設立。世界最先端のウイルス学研究を行う施設として知られる。コウモリ由来のコロナウイルスの研究を行っていたため、新型コロナの発生源だったのではないかと疑われている。

プロフィール

風刺画で読み解く中国の現実

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<トウガラシ>
作家·翻訳者·コラムニスト。ホテル管理、国際貿易の仕事を経てフリーランスへ。コラムを書きながら翻訳と著書も執筆中。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

再送-イスラエル、ガザ南部で軍事活動を一時停止 支

ワールド

中国は台湾「排除」を国家の大義と認識、頼総統が士官

ワールド

米候補者討論会でマイク消音活用、主催CNNが方針 

ワールド

米石油・ガス掘削リグ稼働数、22年1月以来の低水準
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story