コラム

弱者に強く、強者にへつらう「器の小さな大国」中国の愚かな外交

2023年01月23日(月)12時24分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)
パンダ

©2023 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<ビザ発給の緊急停止を「差別」への対抗措置と主張するが、同じ対策を取る欧米には採用せずに日本と韓国のみ。この復讐的な外交政策を喜ぶのは、中国嫌いの人々だけという結果に>

日本にとって中国は国土面積でも歴史・文化でも大国だ。特に古代中国から学ぶことは多く、かつては師匠のような存在だった。でも、近年この大国はなんだか器が小さくなったような気がする。

例えば、最近ニュースになった日本人向けビザ発給の緊急停止。中国政府は日本が中国人を差別したことによる対抗措置と主張しているが、その「差別」とは、新型コロナウイルスの感染が急拡大した中国からの渡航者に対して、全員入国検査を実施する水際対策のこと。

3年前に中国で新型コロナの感染が始まった時、日本はしばらく中国人の入国を受け入れ続け、国内で中国人観光客の感染者が現れた時も、無料治療などの人道援助を提供していた。そして、今も中国に対しては入国禁止ではなく、全員に検査を実施し、陽性者が現れた時に無料で隔離しているだけだ。

それなのに、外務省の戦狼外交官たちは「差別だ!」「科学的な事実を無視した意図的な政治操作だ」と怒り狂った。しかも、欧米諸国も同じ対策を実施しているのに、アジアの隣国である日本と韓国にだけ報復的な措置を採用した。

強い欧米列強に逆らえないのであれば、この大国はただ理不尽なだけではなく、弱者に強く当たり強者にへつらう国ではないか。

日本人向けのビザの発給停止は、「石を持ち上げて自分の足を打つ」ようなものだ。中国嫌いの人や、中国に無関心な人はもともと中国へ行く気はないだろう。報復的ビザ発給停止で困るのは、中国好きな人や中国と貿易上の往来がある人々。中国人民の古くて良い友人がみんな入国拒否となる。

中でも最もかわいそうなのは、日本に帰化したが相変わらず母国を愛する「精神的な中国人」たちだ。彼らはこの報復的な外交政策のせいで、今年の春節(旧正月)は母国に帰ることができない。

多くの人たちはコロナ禍の3年間帰国できておらず、その精神的な打撃に耐えられないだろう。むしろ、この復讐的な外交政策を最も喜んだのは、「さっさと中国と絶交しろ」と叫んでいた中国嫌いの人々だ。

味方が悲しみ、敵が喜ぶ──。愚かな大国の外交は、まるで自分を刺すつもりの敵に自ら刀を渡しているようだ。

ポイント

暂停签证/我中国
入国ビザの一時発給停止/私は中国が大好き

戦狼外交官
中国外務省の外交官による攻撃的な外交スタイル。中国のアクション映画『戦狼 ウルフ・オブ・ウォー』に由来。

石を持ち上げて自分の足を打つ
「搬起石头砸自己的脚」。中国のことわざで、人に損害を与えようとして自業自得の結果となること。

プロフィール

風刺画で読み解く中国の現実

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<トウガラシ>
作家·翻訳者·コラムニスト。ホテル管理、国際貿易の仕事を経てフリーランスへ。コラムを書きながら翻訳と著書も執筆中。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

インド製目薬、米FDAが使用中止勧告 薬剤耐性菌で

ワールド

チリで大規模森林火災、少なくとも24人が死亡

ワールド

政府方針と相いれず、任命責任感じる=荒井前秘書官発

ビジネス

カーライル、新CEOに元ゴールドマン幹部シュワルツ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 2

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人のアピール下手の話

  • 3

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた牧師は彼女をどうしたか

  • 4

    「最も売れた女性カントリー歌手」が、初のヌードに…

  • 5

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 6

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 7

    トップレスの女性が教会に現れ、大暴れ...キリスト像…

  • 8

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て…

  • 9

    写真家にも愛された、ダイアナ妃のドレスがオークシ…

  • 10

    「すごくダサい」「神」 極小ビキニで雑誌の表紙を飾…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 6

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 9

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中