注目のキーワード

コラム

「生き生きとした個人」は許せない? なぜ中国は「メンタル面」を軽視するのか

2022年05月30日(月)17時30分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)
パイロット

©2022 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<乗客乗員132人全員が死亡した3月の中国東方航空機事故は、パイロットによる「意図的墜落」の可能性が浮上。政府の「政治第一」という考え方では、これからも似たような事件は続出する>

人間の精神状態は徹底的に無視される。無謀な「ゼロコロナ政策」によるロックダウンで、精神的なダメージを受けた北京と上海の市民が何よりの証人だ。このままでは、似たような事件が中国で続出するだろう。

5月18日、米ウォール・ストリート・ジャーナル紙が衝撃的な記事を公開した。3月21日に墜落し、乗客乗員132人全員が死亡した昆明発広州行きの中国東方航空機のブラックボックスを米当局が調べたところ、コックピット内の意図的な操作が事故原因の可能性があるという内容だ。

この事故について、中国政府はいまだに情報を封鎖している(一連の隠蔽工作がかえって米紙報道の信憑性を高めているのが皮肉だが)。一方で、今回の事故の背景には航空業界のずさんな管理や不公平があるのではないかと疑われている。

事故機の楊鴻達(ヤン・ホンター)機長は32歳で、飛行時間はたった6709時間。これに対し、59歳の副操縦士・張正平(チャン・チョンピン)は40年のキャリアを持つベテランで、飛行時間は3万1769時間。航空当局の「勲功飛行士賞」も受賞し、中国民間航空業界のカリスマとして楊機長を含む100人以上の後輩を指導した大ベテランだった。

なぜ業界トップレベルのベテラン操縦士が、かつての教え子より下の副操縦士のポストしか与えられないのか。

中国政府の情報封鎖で詳細は不明だが、この事故は2020年に貴州省で起きた路線バス転落事件を連想させた。

張というバスの運転手は事件前に新型コロナによる経営難を理由に大幅賃下げされ、事件当日は実家の家屋が地元政府に強制解体された。訴え出る場がない張運転手は社会に絶望し、満員の乗客が乗った路線バスを湖に転落させ、21人が死亡した。

巻き添え自殺による復讐で、ニュースにならないものはもっと多い。今年の3月、青海省海北チベット族自治州で1台の大型トラックが大通りそばの警察施設に突入して7人が死亡する大惨事が起きた。ネットで動画が公開されたが、中国メディアは交通事故としか報じず、次第に人々の記憶から薄れた。

中国で法律は頼りにならない。政府の「政治第一」という大局観は、生き生きとした個人を国家という機械に服従するネジに変える。人間の精神状態は徹底的に無視される。無謀な「ゼロコロナ政策」によるロックダウンで、精神的なダメージを受けた北京と上海の市民が何よりの証人だ。このままでは、似たような事件が中国で続出するだろう。

ポイント

■中国東方航空
中国三大エアラインの1つ。1988年に分割・解体された中国民用航空総局の上海管理局が母体。保有機体数は約600機。89年と93年、2004年にも死亡事故を起こした。

■中国の自殺者
全世界の毎年の自殺者数80万人のうち、中国は21万人のインドに次ぐ13万人を占める(WHO、2016年)。人口10万人当たりの死亡率は9.7人。

プロフィール

ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<トウガラシ>
作家·翻訳者·コラムニスト。ホテル管理、国際貿易の仕事を経てフリーランスへ。コラムを書きながら翻訳と著書も執筆中。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ドイツ、公共施設の暖房最高19度に エネルギー節減

ビジネス

中国国有大手4社、米上場廃止申請へ 取引減や事務負

ビジネス

中国新規融資、7月は6790億元に急減 予想下回る

ワールド

台湾、通年の成長率予想を下方修正 半導体需要は堅調

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 2

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 5

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

  • 6

    【動画】露軍基地の大爆発と逃げる海水浴客

  • 7

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 8

    イーロン・マスク、自家用ジェットで車10分の距離を…

  • 9

    【映像】車庫にいた巨大ムースを至近距離で撮影

  • 10

    インドで手足が4本ずつある赤ちゃんが生まれる

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 9

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 10

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中