コラム

上海の分別強制スタートで始まった、中国「ごみ分別大戦争」

2019年07月27日(土)13時50分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)
上海の分別強制スタートで始まった、中国「ごみ分別大戦争」

China's Garbage Wars / (c) 2019 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<行政当局は6月末、上海のごみ分別制度を強制的に開始し、市民生活は大混乱に陥っている>

夏に入ると、中国人の最大の関心事は米中貿易戦争ではなく、ごみ分別戦争になった。政府は6月25日、ごみ分別制度についての法律の草案を全人代常務委員会に提出し、今月1日には上海をモデルケースとして強制的にスタートさせた。

空から舞い降りてきたこの法律は、ごみの分別経験がほとんどない上海市民にとってまるで嵐だ。生活は大混乱になり、ネット上でも朝から晩までごみ分別の話題ばかり。リサイクルごみと有害ごみの分別はまだ分かりやすいが、湿ったごみと乾いたごみの区別は分かりづらい。どちらも骨なのに、ニワトリの骨やカモの骨は湿ったごみで、豚骨や牛骨は乾いたごみになる。

ごみ捨て場での分別の検査も厳しくて、分別していなかったり、分別が間違いだったら罰金を取られる。これが慣れない市民の不興を買ってけんかもたびたび起きている。ごみ分別検査を当番するおばさんが市民に殴られて失神する事件も発生した。「戦争」そのものだ。

なぜ中国政府はこんなに急ぐのか。40年近い経済発展で、今の中国はお金と同時に大量のごみもつくり出した。生活ごみだけで年間4億トン前後。しかも毎年8%ずつ増える。未分別ごみの焼却処分で発生した二酸化炭素や有害物質が生活環境の悪化を招き、人々に健康被害をもたらしている。

言論の自由がない社会だが、みんな健康に関わる環境問題には黙っていられない。6月末に武漢で起きたごみ焼却施設反対デモを含め、この十数年間に中国で起きた大規模デモはほとんど環境問題と関わっている。強権に対して辛抱強い中国民衆もごみ問題には我慢できない。人民日報に「ごみ分別戦争が寸前に迫っている」という論説が出たのはそのためだ。

強制的なごみ分別はこれから全国各地に広がる。ある地方政府はごみ分別を確実に管理するため、家庭別に異なるQRコード付きのごみ袋利用も義務付ける。

中国の新たなごみ分別は確かに世界でも一歩進んでいるが、そのやり方は嵐のように暴力的だ。中国には公権力行使を抑止する機能が全くないので、強制的に普及させたごみ分別制度は、また新たな汚職の温床になるだろう。

【ポイント】
你是什么垃圾?

「あなたは何ごみ?」。住民がごみ捨て場で当番の女性に聞かれたこの言葉が、たちまち上海市民の間で自嘲めいた流行語に。「可回收物」「有害垃圾」はそれぞれ「リサイクル物」「有害ごみ」。

武漢のデモ
湖北省武漢市で6月末、立地場所などの理由でごみ焼却施設建設に反対するデモ隊が警官隊と衝突。市民を殴打する警察への非難がネットで広がった。

<本誌2019年7月30日号掲載>

20190730issue_cover200.jpg
※7月30日号(7月23日発売)は、「ファクトチェック文在寅」特集。日本が大嫌い? 学生運動上がりの頭でっかち? 日本に強硬な韓国世論が頼り? 日本と対峙して韓国経済を窮地に追い込むリベラル派大統領の知られざる経歴と思考回路に迫ります。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

プロフィール

ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<トウガラシ>
中国出身、作家、コラムニスト。ホテル管理、国際貿易などの仕事を務めたのち、98年に日本に定住。中国語雑誌の編集などを経て、個人的な視点で日本の生活や教育、文化を批判、紹介している。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ビジネス

米債券投資家、FRBの姿勢見極めへ イールドカーブ

ワールド

焦点:トランプ氏、米中第1段階合意にしがみつく他な

ワールド

米大統領選、バイデン氏の民主候補指名が確定 必要な

ワールド

ブラジル大統領、WHO脱退検討を表明 政治的偏向に

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 2

    米政権のデモ弾圧を見た西欧諸国は、今度こそアメリカに対する幻想を捨てた

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざ…

  • 5

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 6

    メルケル首相「正直、苦痛だ」......相次ぐロシアの…

  • 7

    「犬は訓練を受けなくても苦しんでいる飼い主を救お…

  • 8

    NY州デモ参加老人が警官に突き飛ばされ重症 倒れて…

  • 9

    韓国ではなぜ新型コロナ第2波のリスクが高まったのか

  • 10

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 3

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 7

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

  • 9

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 10

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 1

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 2

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 10

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!