コラム

偽発明をホメた中国の市委書記の皮算用

2019年06月14日(金)16時10分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)
偽発明をホメた中国の市委書記の皮算用

Falling for Fake Inventions / (c)2019 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<中国のリーダーは常識や学識より後ろ盾と人脈、忠誠心で決まる>

「水だけで走れる車が完成。世界初! 市委書記に褒められた!」。連日、米中貿易戦争の記事で埋め尽くされている中国のSNS上で急にこんなニュースが現れた。発信元は南陽日報という河南省南陽市の地方紙。ガソリンも充電も一切不要、水だけで500キロ以上続けて走行できる。あまりに画期的なので、発明者の工場は既に地方政府から40億元(約625億円)の出資を受けた。

水素をエネルギーとする水素自動車は存在するが、水をどうやってエネルギーに変換して自動車を走らせるのか大きな疑問だ。常識から考えてあり得ないから、また政府の資金を狙う偽発明のペテンではないかと、みんな疑った。

ペテンの被害者というと個人や弱者を連想するが、中国の場合、強い立場の政府も被害者になる。最も有名な例は、80年代の「水変油(水がガソリンになる)」事件だ。

王洪成(ワン・ホンチョン)という人物が、少量のガソリンとある化学物質をわずかだけ水に投入すると水がエネルギーに転換され、車を走らせることができると発表。各地方政府や300社以上の企業から資金を手に入れ、中国の官製メディアも火薬、紙、羅針盤、印刷に続く中国5番目の偉大な発明だと大きく報じた。この偽発明は約10年後にやっと嘘がばれて、王洪成は96年に逮捕され、98年に懲役10年の判決を受けた。

20年が過ぎた今、また似たような人物が現れ、政府から多額の出資金をせしめた。明らかに偽発明なのに、なぜ同じ轍を踏むのか。南陽市委書記は市のトップなのに、なぜこの明白な偽発明に拍手を送るのか。常識がないのか。

そのとおりだ。中国のリーダーは常識や学識より後ろ盾と人脈、最高指導者への忠誠心で決まる。だから南陽市委書記が明白な偽発明にだまされてもちっともおかしくない。特に今の中国はエネルギー不足問題が深刻化し、エネルギーに関するプロジェクトは政府に対して出資を要求もしやすい。万が一この「水で走れる車」が成功したら、疑いなく出世もできる。

もし失敗したら、自分は被害者面をして、20年前と同じように、その偽発明者を逮捕すればいい――それが地方のトップ官僚である市委書記の皮算用だろう。

【ポイント】
市委書記

中国は全ての政府機関が共産党委員会を設置。市レベルのトップは市委書記、省レベルは省委書記が務める。中国の全ての政府機関で党書記の権力は市長や省長より上。

王洪成
中国東北部生まれ。小学校を4年間でやめ、豚の飼育や木工作業員を経て黒竜江省で運転手に。84年の「水変油」に続き、「多用途エネルギー節約器」などの偽発明を次々発表した。

<本誌2019年6月18日号掲載>

20190618issue-cover200.jpg
※6月18日号(6月11日発売)は「名門・ジョージタウン大学:世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論」特集。「全米最高の教授」の1人、サム・ポトリッキオが説く「勝ち残る指導者」の条件とは? 必読リーダー本16選、ポトリッキオ教授から日本人への提言も。


プロフィール

ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<トウガラシ>
中国出身、作家、コラムニスト。ホテル管理、国際貿易などの仕事を務めたのち、98年に日本に定住。中国語雑誌の編集などを経て、個人的な視点で日本の生活や教育、文化を批判、紹介している。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ワールド

焦点:膨張する中国企業の鉱物資源買収、豪加当局が「

ワールド

焦点:中国、コロナワクチン開発で先頭集団に 「戦時

ビジネス

トランプ氏、学校再開へ再び圧力 税制優遇措置など再

ビジネス

英、EUコロナワクチン事前買取案への不参加表明

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに中国が報復誓う

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後」の日産にXデーが迫る

  • 4

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 5

    新型コロナの治療薬候補アビガン、臨床研究で統計的…

  • 6

    韓国ソウルのパク・ウォンスン市長、遺体で発見 セク…

  • 7

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 8

    アフリカ、アジアだけでなく南米でも大繁殖──「地上…

  • 9

    「かくて私は教授を『クビ』になった」大月隆寛、地…

  • 10

    東京都、9日の新型コロナウイルス新規感染224人を確…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 5

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 6

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 7

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 10

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 9

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!