コラム

新型コロナを予言?米政府「的中シナリオ」が占う大統領選

2020年03月24日(火)16時00分

千載一遇の「チャンス」を逃したトランプ JONATHAN ERNSTーREUTERS

<リークされた米保健当局の想定演習が現実に。混乱するアメリカ社会で国民が求めるリーダーは誰か>

米政府は2019年1〜8月に、ある演習を実施した。「クリムゾン・コンテイジョン」というコードネームで呼ばれたこの演習は、中国で発生した新型呼吸器系ウイルスが航空機の乗客によって世界中に瞬時に拡散されるという、恐ろしいシナリオだった。

「アメリカではシカゴで最初に感染者が確認され、その47日後にWHO(世界保健機関)がパンデミック(世界的大流行)を宣言した。だが、対応は遅過ぎた。米国内の感染者は1億1100万人に上ると予測され、770万人が入院し、58万6000人が死亡するとみられた」

米保健福祉省は、今月リークされたその演習の報告書で、治療法がないウイルスと生死を懸けて闘うには、連邦政府は資金も準備も調整も「不十分」であることが分かったとしていた。演習は学校の休校をめぐって連邦政府と地方の足並みがそろわず、ウイルスとの闘いに必要な医療設備も十分に用意できないことを露呈した。

このシナリオが今、ほぼ現実のものになっている。アメリカの街は不気味なほど静かで、学校は休校になり、バーやレストランは営業を停止した。国民は有能な政府がいかに重要であるかを痛感している。

トランプ米大統領は、多くの前任者にない「チャンス」を手にしていた。パンデミックに真正面から立ち向かえば、大きく株を上げられたはずだ。ところが彼は危機の深刻さを見くびり、国を苦境に追い込んだ。

アメリカと韓国は、いずれも国内初の新型コロナウイルス感染者を1月20日頃に確認した。韓国では既に感染拡大のピークが過ぎたが、アメリカは危機への備えを始めたばかり。韓国に先見の明があったというより、アメリカに能力が欠けている。

危機は人の本質をあぶり出す。いまアメリカが目の当たりにしているのは、大統領の器の小ささだ。3月6日に米疾病対策センター(CDC)を訪れたトランプは、選挙運動用のキャップをかぶっていた。ウイルスの犠牲者が多いワシントン州の知事を「ヘビ野郎」と呼び、ウイルス検査について「必要な人は誰でも受けられる」と嘘を言った。第2次大戦以降で最大の危機より、自分の再選を気にしていた。

1カ月ほど前のトランプは、楽に再選を果たせそうだった。民主党の対抗馬はリベラル過ぎるという懸念が党内にもあるバーニー・サンダースになりそうだったし、株式市場は好調で、失業率は50年ぶりの低水準だった。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

英国で介護労働者ビザ発給数が倍増、スナク首相に圧力

ワールド

米環境保護局、炭素規制案から既存天然ガス発電所除外

ビジネス

中国製造業PMI、2月は49.1に低下 5カ月連続

ビジネス

財新中国製造業PMI、2月は50.9に上昇 生産・
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 2

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒーロー」ナワリヌイの正体

  • 3

    ゾンビ映画の父ジョージ・A・ロメロは「ホラーで社会風刺」にも成功した

  • 4

    NATO軍とロシア軍がウクライナで直接衝突する可能性…

  • 5

    「ボストンを変えた」交響楽団に音楽監督として乗り…

  • 6

    経済が下向きな上、政府は理不尽──外国人投資家が歴…

  • 7

    ロシアの脅威を知り尽くしたスウェーデンがNATOを強…

  • 8

    仏大統領のウクライナ派兵巡る発言、NATO諸国に…

  • 9

    生涯賃金から見える日本の学歴格差、男女格差、地域…

  • 10

    「50メートルごとに監視カメラ」...フランス人TikTok…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 3

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃の反応が...「触らないで!」動画に注目集まる

  • 4

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行…

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 7

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 8

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 9

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 2

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 3

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 4

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story