コラム

放火事件を起こし火刑に処された少女「お七」と、死者への供養というテーマ

2019年06月06日(木)20時25分
放火事件を起こし火刑に処された少女「お七」と、死者への供養というテーマ

From Michiko Chiyoda @michiko_chiyoda

<海外で高く評価され始めた埼玉在住の千代田路子。大切な人の死を経験し、「弔うとは何か」をテーマに作品を発表している>

写真には2つの大きな特性がある。1つはファインダーという窓を通して自身の外側にある世界を可能な限り客観的に見つめること。もう1つは、同じファインダーを通しながら、あるいはそれを鏡としながら、その世界に自分自身やそのメタファーを投影することだ。

とはいえ、これら2つの写真属性の境界はしばしばあいまいだ。また、後者においても、その醍醐味の1つは、それがパーソナルな(個人的な)ものでありながらも、人間社会の普遍的な何かに発展することだ。

今回紹介する写真家は、本能的に、またある種運命的にそうしたものを追い求めてる女性である。東京生まれ、埼玉在住の千代田路子だ。常に心と体、あるいは自らの精神世界と身体に興味があり、外的世界と内面世界をオーバーラップさせながら作品を作りたい、という。

ビジュアル的にはシンプルで、どこか日本画や禅にも通じるところがある彼女の作品スタイルは、近年海外で高く評価され始めている。作品に影響を与えた1人は、江戸時代の琳派の酒井抱一だか、彼と同じく、その道ではやや風変わりかもしれない。

プロの写真家ではない。美大を卒業し、写真のゼミを取っているが専攻はデザインだ。卒業後、広告代理店でデザイナーとして働き、その後、日本の光学メーカーの宣伝部に転職している。小さい頃に父親からカメラをプレゼントされ、光学メーカーでは仕事柄、日常的に多くの素晴らしい写真作品に接してきたという。

本格的に写真作品を作り出したのは2000年頃からだ。彼女のキャリアを考えれば、決して早くはない。現在も光学メーカーで顧問として勤務している。だが、遅れてきた写真との本格的な関わりが、彼女の才能を見事に開花させたのかもしれない。

なぜなら、千代田の作品の主題はパーソナルなものであり、両親の老い、その死に深く絡んでいるからだ。もちろん、家族に絡む悲しみは誰もが経験する――ベテランの写真家だけでなく、若い写真家も含めて。だがベテランの写真家は、そうした主題を作品にしたとしても、初期の頃のような情熱を忘れがちだったり、必要以上に気負いがちだったりする。若い場合は、さまざまな意味で経験が足りないことが多い。

その点、ビジュアル的には既に優れたキャリアと才能を持ちながらも、本格的に写真作りを行っていなかった千代田は、家族のことが引き金になり、一層写真にのめり込み、かえって才能を開花させることができたのである。

知識欲がすごい。積極的に学ぶことは生きる上で大切なことだという。それを人生のさまざまな出会いの中でさらに昇華させようとする。興味を持った対象に対し、それが今の自分にとってどういう意味があるのか、どういう繋がりがあって巡り会い、興味を持ったのかを探求していきたい、と話す。それは、彼女のある種コンセプチュアルな作品作りにも繋がっていく。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ビジネス

インド政府、エア・インディアで全株式売却を計画

ワールド

トランプ米大統領弁護団スター氏、「政争の具」と弾劾

ワールド

弾劾裁判でボルトン氏招致の可能性高まる、共和党4議

ワールド

NZ首相、9月19日の総選挙実施を発表へ=現地紙

MAGAZINE

特集:私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

2020-2・ 4号(1/28発売)

日本と縁を育んできた中国人一人一人の物語── 本音の「日本論」から日中関係を見つめ直す

人気ランキング

  • 1

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 2

    「空白の8時間」は何を意味するのか?──習近平の保身が招くパンデミック

  • 3

    中国が新型ウイルスに敗北する恐怖

  • 4

    新型コロナウイルスでも台湾をいじめる中国

  • 5

    パンデミックが世界を襲ったとき、文明再建の場所と…

  • 6

    習近平「新型肺炎対策」の責任逃れと権謀術数

  • 7

    「中国人」とひとくくりにする人たちへ──日本との縁…

  • 8

    アウシュビッツから75年、ホロコースト記念碑で新た…

  • 9

    【動画】NBAがコービー・ブライアントに捧げた唯一無…

  • 10

    新型肺炎の最大の犠牲者は中国の貧困層

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 3

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 4

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 5

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 6

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 7

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 8

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 9

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」が…

  • 10

    人種差別と偏見にまみれたイギリスから、ヘンリー王…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!