コラム

新聞社の元・報道写真家がSNS時代に伝える「写真を超えた何か」

2016年08月30日(火)10時54分
新聞社の元・報道写真家がSNS時代に伝える「写真を超えた何か」

From Richard Koci Hernandez @koci

<さまざまなテクニックやテクノロジーを巧みに組み合わせながらも、その匂いはほとんどしない――。アンリ・カルティエ=ブレッソンやウィリアム・クラインらを尊敬しつつも、典型的なフォトジャーナリストとして働いてきたリチャード・コッチ・ヘルナンデスが辿りついた境地>

 今回紹介する写真家は、リチャード・コッチ・ヘルナンデス。ヴィジュアルアーティストであり、カリフォルニア大学バークレー校でニューメディア・ジャーナリズムを教える准教授でもある。インスタグラムを中心とした写真・ヴィデオ界では、彼のミドルネームであり、インスタグラムのユーザーネームでもあるコッチとして知られている。

 コッチの作品には、なぜかアインシュタインのイメージがつきまとう。物理学者と写真家、まったく異なるように思えるが、2人とも感覚的エクスシーを極限まで追い求める人物だ。アインシュタインは、光と追いかけっこをした夢を見て、その視覚的感覚を追求した結果、相対性理論を生み出した。それまでの理論構築や実証実験は、それがどれだけ偉大なものであっても単なる過程だ。

【参考記事】シャガールのように、iPhoneでイランを撮る

 それに対し、コッチは物理学の理論の代わりに、さまざまな写真アプリやテクニック、デジダル技術だけでなく、時には回帰的にフィルム時代のそれも取り入れながら作品を創り出している。光と影、構図、幾何学性、しばしば使われるダブルエクスポージャー、あるいはモンタージュ......そうしたものが、誇張されながら巧みに組み合わされている。

 だが、テクニックの匂いはほとんどしない。伝わってくるのは、写真を超えた何か。時に都会的で孤独で、研ぎ澄まされているのに重く、同時に飛び散ってしまいそうな感情の動き――彼の言葉を借りればコッチ自身の内面的な動き――である。また、ユーモアを見せてくれる場合もある。

"From there to here, and here to there, funny things are everywhere." -dr Suess #grammasters3 #tiny_collective

Richard Koci Hernandezさん(@koci)が投稿した写真 -

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ビジネス

米景気回復は停滞している可能性─アトランタ地区連銀

ビジネス

5月景気動向一致指数、前月比5.5ポイント低下=内

ビジネス

景況感、新型コロナで11年ぶり低水準=6月日銀生活

ワールド

インドのコロナ死者が2万人突破、感染者急増に歯止め

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    「県境をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない」 東京…

  • 6

    火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 9

    「君たちのせいだよ」ベルリン地下鉄のマスク着用徹…

  • 10

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 9

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 10

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 7

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 8

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 9

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!