注目のキーワード

コラム

ローマ教皇のイラク訪問は何を意味するのか?

2021年03月11日(木)17時00分

ところで、フランシスコ教皇のイラク訪問で注目すべき点は、見捨てられがちなキリスト教徒コミュニティーを見舞っただけではない。眼目のひとつは、ナジャフのシーア派宗教界最高権威、アリー・スィスターニーと面談したことである。

教皇が中東を訪問すること自体は、新しいことではない。聖地エルサレムを含むイスラエル、パレスチナ、ヨルダンといった聖書の舞台には、1964年に訪問している。だが、それ以降は21世紀に入るまで、中東への旅はほとんど行われていなかった。それを活発化したのはヨハネパウロ二世で、ミレニアムの機会にイスラエル/パレスチナとその周辺諸国に加えて、エジプト、モロッコ、チュニジア、スーダンを訪問した。

特に現教皇のフランシスコは、異なる宗教間の対話に熱心だ。彼は、2017年にエジプトを訪問した際、画期的なことに、スンナ派イスラームの最高学府であるアズハル学院で説教を行った。以来、アズハルの大イマームであるアフマド・タイイブとは密な交流を続けている。2019年には、両者ともにUAEのアブダビを訪問して、人道友愛文書に署名した。UAEは移民労働者の劣悪な労働環境がしばしば問題になるが、そこでフィリピン人などキリスト教徒の移民労働者に向けてミサが行われた。

その流れのなかでの今回のイラク訪問である。スンナ派のトップとはパイプができたのだから、次はシーア派宗教界だ、というわけか。

シーア派宗教界の中心たるハウザ(トップクラスの宗教学者による学問拠点)は、イランのコムとイラクのナジャフが二大拠点だが、ナジャフのアリー・スィスターニーは、最高権威(マルジャア)として戦後のイラクで絶大な社会的影響力を誇ってきた。政治には干渉しないことをモットーにしつつ、戦後や内戦期の無秩序を諫める宗教令を出したり、国家の長は住民たるイスラーム教徒によってえらばれなければならない、との宗教令で民選議会の設立を促したりと、イラク戦争後の政治を大きく左右してきた。なかでもその影響力が発揮されたのがISに対する祖国防衛の呼びかけで、それに応じて多くのシーア派信徒が、瓦解した国軍に変わって義勇兵として対IS掃討作戦に身を投じた。

聖都ナジャフの面目躍如

とはいえ、スィスターニーの鶴の一声ですべて政治が動くわけではない。最近の彼は、イラク政界の主流を占める親イラン派連合と距離を置いたり、反政府デモに対する政府の容赦ない弾圧を批判したりして、政権中枢にあるシーア派イスラーム政党との間には溝がある。信徒からは絶大な支持を受けながらその政治的威光には陰りがあるなかで、教皇の訪問を受けたことは、改めてスィスターニーの重要性を世界に知らしめることになったに違いない。同時に、親イラン派をうまく制御したい民間出身のカーズィミー首相としては、教皇訪問にスィスターニーを担ぎ出したことで、大いに株を上げることができたといえる。

さらにはイラクのシーア派宗教界にとっても、株の上がる出来事だったに違いない。「シーア派宗教界の代表といえばイランのコムではなく、イラクのナジャフだ!」と印象づけることができたからだ。2003年以降のイラクは、政治的にも経済的にもイランの影響力を抜きにしては成立しない。イラクのシーア派聖地もまた、イランからの巡礼客が落としていくカネで潤っている側面が強い。同じ聖地で隣の県にあるカルバラは、巡礼者向けの高級ホテルが立ち並んだり聖廟が豪華に建て直されたりと、見るからにゴージャスで活気がある。

だが、スィスターニーら宗教者たちが学ぶ学都たるナジャフは、清貧を地でいく質素さだ。イランのシーア派聖地に比べて、見劣りがする。だが、それこそが正しい宗教者としての在り方なのだ、というのがナジャフ式なのかもしれない。薄汚れた路地を教皇が歩き、なんの飾りもないそっけない客間でスィスターニーと対峙する姿は、イランに対抗する聖地ナジャフの面目躍如だったに違いない。

84歳のフランシスコ教皇と90歳のスィスターニーの対話で何かが変わるほど、政治は簡単ではない。教皇が来たからといって、難民化したイラクのキリスト教徒たちの生活が劇的に変わるわけではない。それでも、コロナ禍と暴力が吹き荒れるなかでも、宗教者として何かしなければと動く老齢の二人の姿は、強い印象を世界に残した。

プロフィール

酒井啓子

千葉大学法政経学部教授。専門はイラク政治史、現代中東政治。1959年生まれ。東京大学教養学部教養学科卒。英ダーラム大学(中東イスラーム研究センター)修士。アジア経済研究所、東京外国語大学を経て、現職。著書に『イラクとアメリカ』『イラク戦争と占領』『<中東>の考え方』『中東政治学』『中東から世界が見える』など。最新刊は『移ろう中東、変わる日本 2012-2015』。
コラムアーカイブ(~2016年5月)はこちら

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ローマ教皇、近い将来の退任を否定

ビジネス

ロシア産石油の価格上限、報復なら原油380ドルも=

ワールド

岸田首相の石油価格上限「半分」発言、ロシア大統領府

ビジネス

独政府、エネ安保法改正でウニパー救済検討 株式取得

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界のエリートが学ぶ「権力」の授業

2022年7月12日号(7/ 5発売)

他人を動かす「パワー」は権力者の専有物でない。ハーバード大学MBAの人気講義で学ぶそのメカニズム

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を堂々と話すのが上達への近道だ

  • 3

    右足のない人骨は古代中国「五刑」の犠牲者だった......身の毛もよだつその内容

  • 4

    「タンパク質ダイエットには腸活が欠かせない」 順天…

  • 5

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 6

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 7

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 8

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 9

    スリランカ、ガソリンほぼ尽きる 給油所に人の波...…

  • 10

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を…

  • 9

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 10

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中