コラム

Fake it till you make it.(うまくいくまでは、うまくいっているふりをする)

2015年09月02日(水)16時45分
Fake it till you make it.(うまくいくまでは、うまくいっているふりをする)

【今週のTED Talk動画】 Your body language shapes who you are - Amy Cuddy http://www.ted.com/talks/amy_cuddy_your_body_language_shapes...


HBS准教授による「パワーポーズ」の勧め

 エイミー・カディーはハーバード・ビジネススクールの准教授で、社会心理学が専門。最近の研究テーマは非言語コミュニケーションだという。多くの人は、自分のボディーランゲージが周囲に対する印象を決めることを知っているが、カディー氏がこのTED Talkで紹介するのは、自分のボディーランゲージが自分自身に対しても影響を与えるということだ。

 特に採用面接やプレゼンなどストレスの多い場面の前に、2分だけ「パワーポーズ」を取ると、自分の体の中のホルモンバランスが変わり、もっと自信を持って上手く対応できるようになるそうだ。結果に決定的な影響を与えるかもしれないこの「パワーポーズ」を広めようと、カディー氏は熱心に勧めている。

キーフレーズ解説

Fake it till you make it.
うまくいくまでは、うまくいっているふりをする。
(動画6:57より)

 この表現は、何かができないと思っても、ギブアップしないで、それができるようになるまでできているふりをし続けると、そのうちにできるようになることを意味しています。要するに、自信がなくても自信があるふりをすること。そうすることによって、成功に必要とされる経験とスキルを身につけられ、時間が経つにつれ自然と自信を持てるようになるのです。

 決まり文句として、アメリカではよく使われます。似た意味の表現として、act as if (望んでいる状況がすでにあるかのように振る舞う)というものもあります。

 この表現のtillはuntilの省略形です。Fake itは知っているふりをする、ごまかすという意味です。Make itは成功する、うまくいく、無事にやり遂げるという意味です。

 ここで、典型的な使われ方の例を紹介します:

●I know you're scared of giving presentations. But you just have to get up there and fake it till you make it!
(あなたがプレゼンをするのを恐れていることはわかっている。しかし演壇に上がって、うまくいくまでは、うまくいっているふりをするしかないんだよ!)

●When I joined the dance club, I had no idea what I was doing. But I just decided to fake it till I made it, and before I realized it I was dancing as well as the others.
(ダンスクラブに入った時、自分がやっていることを全くわかっていなかった。しかし、うまくいくまではうまくいっているふりをしようと決意したところ、気付いたらほかのメンバーと同じぐらい上手に踊っていた)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』(クロスメディア・パブリッシング)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』(アルク)など著書多数。最新刊は『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著、クロスメディア・パブリッシング)。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

ロシア製ミサイルは破棄しないと米大統領に言明=トル

ビジネス

大型台風で損保の保険金8000億円超に、保険料上げ

ビジネス

アングル:任天堂が国内初の直営店、「非ゲーマー」と

ワールド

中国、香港行政長官に引き続き確固たる支援=外務省

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っている

  • 2

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 3

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 4

    米中貿易協議は既に破綻しかけている

  • 5

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 6

    香港デモ、理工大キャンパスがまるで「内戦」

  • 7

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 8

    北京、動くか 香港デモ

  • 9

    香港の若者が一歩も退かない本当の理由

  • 10

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 3

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 4

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 5

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 6

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 7

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 8

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 9

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 10

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

  • 4

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 8

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 9

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 10

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!