コラム

ペロシ下院議長宅襲撃事件から見える、アメリカの闇と分断

2022年11月02日(水)14時50分

ペロシ下院議長は事件当時、ワシントンにいたため無事だった KGO TV via ABC/REUTERS 

<トランプ「信者」の異常な犯罪を目にしても、保守派の勢いは止まらない>

10月28日(金)の未明、カリフォルニア州のサンフランシスコ市内にある、米連邦議会下院のナンシー・ペロシ議長(民主)の自宅が襲撃されました。襲撃犯は、デビット・デパーペという42歳の男で、住居に侵入すると「ナンシーはどこだ、ナンシーはどこだ」と叫んで、下院議長を探し回ったそうです。

この時、実は下院議長本人は、議会のある首都ワシントンにおり不在でした。そこで、夫のポール・ペロシ氏が応対しましたが、危険を察知したポール氏は洗面所に行くと言って、その中から911(日本の110番)コールをしたのでした。

デパーペは、このポール氏の行動を怪しんで逆上、駆けつけた警察官の目前でポール氏をハンマーで殴って負傷させた後に逮捕されています。取り調べに対して、デパーペは、

「自分は下院議長にインタビューして、彼女が『真実』を告げるのか、あるいは民主党が繰り返し述べている『嘘』をつき続けるのかを試すつもりだった。おそらく議長は『嘘』をつき続けるだろう。その場合は、彼女の膝を砕くつもりだった。そうすれば、彼女は車椅子で登院せざるを得なくなる。当然の報いというわけだ」

などという異常なコメントを述べています。なお、ポール氏は頭蓋骨骨折など、重傷を負い集中治療室での治療の結果、現在の容態は安定していると報じられています。

トランプ派には不利に働くはずだが

このデパーペという男はカナダの出身で、報道によればハワイを拠点とした「ヌーディスト団体」の女性リーダーに心酔して、その団体の活動家をしていたそうです。彼女と決別した後は、SNSを中心として陰謀論や極右思想の拡散をしていたそうで、2020年には大統領選結果への批判を、その後は新型コロナウイルスのワクチンに関する陰謀論などを熱心に投稿していたようです。

その主張の中には、ヒトラー礼賛、LGBTQへの攻撃、あるいはカトリックやユダヤ教徒への攻撃など、かなり過激なものも含まれていたようですが、それも含めて「典型的なトランプ派の陰謀論者」という理解で報道がされています。

この事件、投票日直前ということで、中間選挙への影響が気になります。常識で考えれば、このような悪質な暴力事件を目の当たりにすれば、多くの有権者は、トランプ派に対する悪いイメージを抱くはずです。少なくとも、全体としては、僅かでもトランプ派を忌避する感情が起きそうなものです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=S&Pとダウ小反発、エヌビディアは引

ビジネス

NY外為市場=ドル下落、FOMC議事要旨受け

ビジネス

FRB内のバランスシート縮小巡る議論、3月FOMC

ビジネス

FRB、尚早な利下げに懸念 不確実性強調=議事要旨
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 2

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 3

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 4

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 5

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 6

    南海トラフ巨大地震で日本を失わないために

  • 7

    台湾に100機近い気球を飛ばしてくる中国が意味不明

  • 8

    アウディーイウカ制圧「ロシアは大きな犠牲を支払っ…

  • 9

    中国株の暴落が止まらない 外国人投資家はほぼ撤退

  • 10

    2024年を生き抜いたプレーヤーが、Web3.0の未来を握る

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    「ノージャパン」はどこへ......韓国ソウルの街角に…

  • 7

    日経平均「ほぼ史上最高」を喜べない2つの理由

  • 8

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story