コラム

「暗号資産」も「仮想通貨」も間違った呼び方です(パックン)

2022年08月13日(土)14時40分

通貨としてのイメージをぬぐおうとして「資産」と呼ぶようになったけど…Dado Ruvic-REUTERS

<この得体の知れないモノを資産や通貨と呼ぶには無理がある。そこで新名称を提案します>

すみません! 「暗号資産」と言わないでいただけますか?

表現は大事だ。何気なく聞くような言い方でも、人の理解やイメージがそこから形成される。表現は社会自体にも影響を及ぼす。スチュワーデスやチェアマン(会長)など、ジェンダーが含まれる表現は「この仕事をするのは女性だ・男性だ」という思い込みにつながるから、キャビン・アテンダント(CA)さんとか、チェアパーソンなどと改められている。昭和育ちの僕にはチェアパーソンがいまだに「椅子人間」に聞こえるけど。

マイナスイメージ込みの表現も差別につながり得るから意識的に言い換えられている。出来ちゃった結婚は授かり婚に。痴呆が認知症に。自殺点がオウンゴールに。AV女優がセクシー女優に。なぜか最近現場では「パックン」が「パックンさん」に。

正しい認識とイメージを広められるようにと、(特に僕ら表現者は)常に事実や社会的な変化と照らし合わせながら言葉遣いを精査しないといけない。なのに最近、日本のメディアは「暗号資産」を無思慮に使い続けている。

アナウンサー、コメンテーター、政治家、著名人、ファイナンシャルアドバイザーなど、立場のある人がこの言い方を繰り返すことで「暗号で安全性が保障された資産」という印象を与えかねない。その認識を広めかねない。それでいいのでしょうか?

「暗号資産」と言う表現は避けるべきだ。理由はこれから説明するが、その間も「暗号資産」と書きたくない。ジレンマだ! とりあえず、ここではビットコイン、イーサリアム、ドージコインなどの「暗〇〇産」を「クリプト」と呼ばせていただこう。その理由も後述します。

ウミネコやハナミズキと一緒?

クリプトには確かに暗号がある。だが、本来の意味では「資産」に当てはまらない。一般的な定義として、資産は換金ができる、価値のある物。現金、株式や債券などの金融商品または不動産などが有名な例だ。商品や物質など有形なものもあれば、特許や著作権など、無形なものもある。なんでもいいんだ。換金ができて、価値のあるものなら。

何とかコインなどは(今は)換金できるから、クリプトには(今は)価値があるということを、もちろん僕も認める。そういう意味で「資産」と見てもいい。(今は)。だが、それでも「暗号資産」という言い方に問題がある。

お金、土地などは「金資産」、「土地資産」などとは一般的には言わないのに、なんでクリプトだけが「暗号資産」と総称に「資産」がつくことになっているのか?

どこにも使えない紙幣、誰も買ってくれない土地、機能していない会社の株式などを持っていても「資産」とは言わない。価値がないから。でも、どこにも使えない、誰も買ってくれない、機能してない「なんとかコイン」でも「暗号資産」という呼ぶことにどうしても違和感を覚える。鳥なのに「ウミネコ」とか、鼻水と関係ないのに「ハナミズキ」などの名称よりも理解に苦しむ。

価値がない可能性のものを「資産」と呼ぶのが間違いだろう。では、なぜそう呼ばれることになったのか?

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『パックン式 お金の育て方』(朝日新聞出版)。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米1月新築住宅販売、1.5%増の66.1万戸 予想

ワールド

バイデン・トランプ両氏、南部国境訪問へ 移民問題が

ワールド

対ロ制裁、第三国銀行追加で資金の流れ減退=米財務副

ワールド

ヨルダン国王、ラファ地上戦の危険性を警告 即時停戦
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃の反応が...「触らないで!」動画に注目集まる

  • 3

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の華麗な「王室プロトコル」にファンがうっとりため息

  • 4

    トイレ内に「隠し部屋」への秘密通路を発見...ドアの…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    「豊胸手術をしなければよかった」...ヴィクトリア・…

  • 9

    ウクライナで兵力動員が難航...著名部隊「ダビンチ・…

  • 10

    飛行機内で乗客がテイラー・スウィフトの曲を「大合…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story