コラム

トランプとかけて『アナ雪』のエルサと解く、その心は?

2020年12月28日(月)16時40分
トランプとかけて『アナ雪』のエルサと解く、その心は?

感謝祭での恒例行事、七面鳥への恩赦のように自身の罪もカジュアルに許す? Hannah McKay-REUTERS

<トランプは自身も関わる疑惑で罪に問われた人を含め、退任間際に恩赦を与えまくっている。その先には超法規的存在として自身の罪を永久に免除する「完全予防自己恩赦」を行使する野望があるかもしれない>

外出を控え、家で映画を見過ぎているせいか、最近の僕にはドナルド・トランプ大統領がディズニー映画『アナと雪の女王』のエルサ女王に見える。特に、魔法の力を振るいながら「レット・イット・ゴー!」と歌う場面のエルサにトランプはそっくりだ。

Let it goの日本語訳は「ありのままで」だ。そんな意味もある。恐れ多くて、ディズニーの翻訳さんにダメ出しはしない!でも英語だと「いやなことを忘れよう」というニュアンスが強い。

アメリカ憲法は、法律を作る議会やその法律の下で犯罪者を取り締まる司法を簡単に超えられる特別な権力を大統領が独断で行使できると、定めている。トランプはその三権分立の抑制と均衡をないがしろにもできる、魔法のような力を振るいながら、人がやった「いやなこと」を忘れさせようとしている。

もちろん、恩赦の話だ。

恩赦制度自体は存続すべきと広く考えられている。反逆者を許すことで国の分裂を避ける。不正に取り締まりされた人を助ける。過去の不当な法律で取り締まりされた者を救う。国益につながる目的で試行する、そういう正当な恩赦はもちろんある。

しかし、よくない恩赦もある。それらを、分かりやすくレベル分けしてみよう。

実は歴代政権の恩赦も問題だらけ

レベル1は将来の責任追及から守る「予防恩赦」。例えば、ジェラルド・フォード大統領は、弾劾される寸前に辞任したリチャード・ニクソン元大統領を、逮捕・起訴もされないうちに恩赦した。「俺は犯罪者じゃない」とニクソンは名言を残したが、まあ犯罪者だった。恩赦を受けることでそれを認めたとされている。しかし、本人の口から事実を語ってもらっていないし、反省の言葉も出ていない。やはり将来の責任追及から人を逃れさせる予防恩赦はよくない。予防接種は大事だよ(念のために言っておこう)。

レベル2はセレブやコネのある人への「上級国民的な恩赦」。わかりやすいのはジミー・カーター大統領が音楽グループ、ピーター・ポール&マリーのメンバーに与えた恩赦。それより批判の的になったのは、ビル・クリントン大統領が弟に与えた恩赦や、億万長者(その元妻が高額の政治献金者だった)に与えた恩赦。ちなみに、その億万長者の名前はマーク・リッチ。名前までお金持ちっぽい!でも、個人的にそれよりも僕がむかつくのはロナルド・レーガン大統領が与えたヤンキースのオーナー、ジョージ・スタインブレナーに与えた恩赦。僕、レッドソックスファンだから。

レベル3は「政府関係者への恩赦」。この代表例はレーガン政権下で起きたイラン・コントラ事件の関係者への恩赦。議会が法律ではっきりと禁じていたニカラグアの反政府ゲリラ集団への資金援助に流用するため、アメリカの敵国イランへ武器が売却された、というとんでもない不祥事だったが、次の政権でジョージ・ブッシュ大統領は有罪判決を食らった高官など5人に恩赦を、そして裁判を控えていた事件当時の国防長官に「予防恩赦」を与えた。

もちろん、司法上の責任追及は不祥事の抑止力となり、政界の自浄作用として欠かせない。前政権とはいえ、大統領が政府関係者を恩赦するならば、政権内がやりたい放題になり得る。偽証罪も許されることで、事実確認もできなくなる。現に、事件当時の副大統領だったブッシュ大統領も自分の罪を隠すために恩赦を与えた可能性がある。だからイラン・コントラの恩赦はいらんことだ!と、一番厳しく批判されたのだ。

トランプが登場するまでは。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

ニュース速報

ビジネス

アングル:昨年不振のバリュー株復活へ、米景気回復時

ビジネス

アングル:人民元堅調、不安視する当局に「レッドライ

ビジネス

全米ライフル協会、破産法第11条の適用申請 リスト

ビジネス

英首相、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸念=テレグラ

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!