コラム

トランプが負けたら陰謀論者「Qアノン」が全米で蜂起するかも(パックン)

2020年10月10日(土)13時45分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
トランプが負けたら陰謀論者「Qアノン」が全米で蜂起するかも(パックン)

When Conspiracy Reigns / (c) 2020 ROGERS-ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<悪い高官たち「ディープステート」が国家を牛耳っているという陰謀論は、それと戦うトランプをヒーローとして崇める政治運動「Qアノン」へと発展>

2016年12月。自動小銃、拳銃、ナイフなどを持った男が首都ワシントンのピザ屋「コメット・ピンポン」に押し入った。彼は「ヒラリー・クリントン率いる闇組織がピザ屋を本拠に児童の性的人身売買を行っている」と信じていた。その活動を止めに入ったのだ。当然、普通のピザ屋さんだったわけだが、男はそれでも発砲。幸いけが人はいなかったが、壁、ドアやパソコンは重傷を負ったようだ。

この陰謀説や関連事件(そのピザ屋への放火もあった!)はまとめて「ピザゲート」と呼ばれる。2016年から広まり始め、大物ハリウッドセレブ、政府高官、政治家など大勢の権力者が児童の人身売買のほか、悪魔崇拝や人食いなどもやっていると主張する、大規模で超複雑な陰謀説に成長した。

陰謀説にはヒーローもいる。それがドナルド・トランプ大統領! 彼は悪い高官たちのディープステート(国家内国家)と戦い、その成敗を図っている。ほっと一安心!

陰謀説の普及を助長したのは、ハンドルネーム「Q」という人物。2017年10月からトランプと闇組織の戦いの内幕を「Qドロップ」と呼ばれる書き込みでネット掲示板に投稿し続けている。今や数十万人以上のフォロワーがいて、Qはanonymous(匿名)であることからこの運動はQ Anon(Qアノン)と呼ばれる。

面倒くさいことに、ドロップは暗号になっており、意味不明な文も多い。固有名詞は大体イニシャルだ。HRC=ヒラリー・ロダム・クリントン、TKG=卵かけご飯、など。Qの身分も謎だ。本人は国家機密を扱う最高認可のレベル「Q」を持っている政府上層部の関係者だと言う。その証拠として「間もなく大勢逮捕!」とか、「裏情報」を使い予言する。だが......。よく外れる。

でも暗号は便利なことに、そんなとき、Qが間違っているのではなく、解読が間違っていると解釈できる! つまり、陰謀説は無敵だ。そして、陰謀論者はその妄想をもって現実世界で投票する。怖いのは、ヒーローのトランプが負けた場合。それもディープステートの仕業だと思うだろう。そして選挙結果を受け入れないQアノンの信者が武装し街に出たら、アメリカ全土がコメット・ピンポン状態になるかも。

【ポイント】
I BELIEVE THE WORLD IS RUN BY A CABAL OF SATANIC PEDOPHILES
悪魔崇拝の小児性愛者の集団によって世界は支配されている、とオレは信じる

...AND I VOTE!
そしてそんなオレには投票権がある!

<本誌2020年10月13日号掲載>

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ビジネス

アングル:昨年不振のバリュー株復活へ、米景気回復時

ビジネス

アングル:人民元堅調、不安視する当局に「レッドライ

ビジネス

全米ライフル協会、破産法第11条の適用申請 リスト

ビジネス

英首相、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸念=テレグラ

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 3

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与がトランプに三行半

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    暴君・始皇帝を賛美する中国ドラマ──独裁国家を待ち…

  • 6

    菅首相、1分に1回以上口にする「ある口癖」 言葉が心に…

  • 7

    「#ジョンインちゃん、ごめんね」 養父母による虐待死…

  • 8

    窮地の文在寅に金正恩から「反日同盟」の危険な誘惑

  • 9

    メルケル独首相が、ツイッターのトランプアカウント…

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    上院も制したアメリカの民主党。それでも「ブルーウ…

  • 8

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 9

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 10

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    中国を封じ込める「海の長城」構築が始まった

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!