コラム

トランプが負けたら陰謀論者「Qアノン」が全米で蜂起するかも(パックン)

2020年10月10日(土)13時45分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
トランプが負けたら陰謀論者「Qアノン」が全米で蜂起するかも(パックン)

When Conspiracy Reigns / (c) 2020 ROGERS-ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<悪い高官たち「ディープステート」が国家を牛耳っているという陰謀論は、それと戦うトランプをヒーローとして崇める政治運動「Qアノン」へと発展>

2016年12月。自動小銃、拳銃、ナイフなどを持った男が首都ワシントンのピザ屋「コメット・ピンポン」に押し入った。彼は「ヒラリー・クリントン率いる闇組織がピザ屋を本拠に児童の性的人身売買を行っている」と信じていた。その活動を止めに入ったのだ。当然、普通のピザ屋さんだったわけだが、男はそれでも発砲。幸いけが人はいなかったが、壁、ドアやパソコンは重傷を負ったようだ。

この陰謀説や関連事件(そのピザ屋への放火もあった!)はまとめて「ピザゲート」と呼ばれる。2016年から広まり始め、大物ハリウッドセレブ、政府高官、政治家など大勢の権力者が児童の人身売買のほか、悪魔崇拝や人食いなどもやっていると主張する、大規模で超複雑な陰謀説に成長した。

陰謀説にはヒーローもいる。それがドナルド・トランプ大統領! 彼は悪い高官たちのディープステート(国家内国家)と戦い、その成敗を図っている。ほっと一安心!

陰謀説の普及を助長したのは、ハンドルネーム「Q」という人物。2017年10月からトランプと闇組織の戦いの内幕を「Qドロップ」と呼ばれる書き込みでネット掲示板に投稿し続けている。今や数十万人以上のフォロワーがいて、Qはanonymous(匿名)であることからこの運動はQ Anon(Qアノン)と呼ばれる。

面倒くさいことに、ドロップは暗号になっており、意味不明な文も多い。固有名詞は大体イニシャルだ。HRC=ヒラリー・ロダム・クリントン、TKG=卵かけご飯、など。Qの身分も謎だ。本人は国家機密を扱う最高認可のレベル「Q」を持っている政府上層部の関係者だと言う。その証拠として「間もなく大勢逮捕!」とか、「裏情報」を使い予言する。だが......。よく外れる。

でも暗号は便利なことに、そんなとき、Qが間違っているのではなく、解読が間違っていると解釈できる! つまり、陰謀説は無敵だ。そして、陰謀論者はその妄想をもって現実世界で投票する。怖いのは、ヒーローのトランプが負けた場合。それもディープステートの仕業だと思うだろう。そして選挙結果を受け入れないQアノンの信者が武装し街に出たら、アメリカ全土がコメット・ピンポン状態になるかも。

【ポイント】
I BELIEVE THE WORLD IS RUN BY A CABAL OF SATANIC PEDOPHILES
悪魔崇拝の小児性愛者の集団によって世界は支配されている、とオレは信じる

...AND I VOTE!
そしてそんなオレには投票権がある!

<本誌2020年10月13日号掲載>

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ワールド

米財務長官と下院議長、追加対策巡り「相違調整」 2

ワールド

米大統領選、激戦州フロリダで期日前投票開始 支持率

ビジネス

米株下落、ダウ410ドル安 コロナ経済対策巡る不透

ビジネス

ドル小幅安、追加刺激策協議を慎重ながらも楽観=NY

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 2

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と異なる要因

  • 3

    日本メディアが使う「中国の少数民族」は政治的な差別表現

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    特権社会・中国ではポルノを見るのも一部の特権

  • 6

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 7

    ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

  • 8

    中国の傲慢が生んだ「嫌中」オーストラリア

  • 9

    中国政府、国内の米国人を拘束する可能性警告 米司…

  • 10

    トランプを批判し「狙われた」美人知事のさらなる受難

  • 1

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 6

    ヒトが進化している証拠? 前腕に動脈を3本持つ人が…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    ネコにゆっくりと瞬きすると、ネコもゆっくりと瞬き…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!