コラム

パックンが広島で考えたこと

2016年05月31日(火)11時10分
パックンが広島で考えたこと

Carlos Barria-REUTERS

<アメリカの現職大統領として初めて広島を訪問したオバマは、その演説の中で原爆投下の是非論については触れなかった。しかし現場で演説を聞いたパックンは、戦争のない未来を目指そうと呼び掛けたオバマのメッセージを強く受け止めた>

 第2次大戦のとき、僕の祖父は米陸軍航空隊の大佐だった。
 
 妻の祖父は大日本帝国軍特攻隊の教官だった。
 
 僕の祖父はヨーロッパ上陸作戦で任務を終え、アジアに移動する準備をしていた。

 妻の祖父は鹿児島の基地で最後の教え子を見送り、自分が飛び立つ番が来るのを待っていた。そして、1945年8月15日に戦争が終わり、僕の祖父も妻の祖父も家に帰ることになった。僕の祖父は87歳まで生き、妻の祖父は90歳になる前日に亡くなった。

 僕は2人に、広島や長崎の原爆投下に関して話を聞いたことがある。

 2人とも、「戦争が続いていたら自分もいつ死ぬかわからない状態だった」「戦争が早く終わってよかった」と言っていた。犠牲になった方々、被ばくされた方々に哀悼の意を示すと同時に、当時のトルーマン大統領の判断に対する理解も示していた。

 正直、その判断は僕にはなかなか理解できない。45年夏の段階で、すでに日本軍は壊滅状態。対空防衛能力は皆無だったようだ。アメリカ空軍の空爆を止める術がない。海軍もまた壊滅状態であり、海上でもアメリカにかなわない。陸軍に兵力は残っていたが、その大半は大陸や南方に派兵されていて、帰国するための船もない。アメリカの日本上陸を止めることはまず無理だ。

 日本国内には食料も燃料も武器もなかった。さらに、日本政府は停戦交渉も呼びかけていたという。その状況の中で市街地に原爆を投下するアメリカを、僕には理解できない。
 
 一方、そんな状態で戦い続けた日本を理解することもできない。そもそも勝てない戦争を始めたことも、ナチスドイツと同盟を結んだことも。日本側の判断も色々と不可思議だ。

 双方の行動を含めて、第2次大戦をいくら勉強しても疑問が残る。謝罪どころか、しっくりくる説明もほとんど聞いたことはない。

【参考記事】原爆投下を正当化するのは、どんなアメリカ人なのか?

 オバマ大統領の広島訪問が決定した日から、この複雑で解せない過去をどう振り返るのか、とても気にかかっていた。被ばく者とその家族が目の前に座っている。海の向こうではアメリカの退役軍人とその家族も見ている。アジア各国で日本の支配下で辛い思いをした方々も見ている。ヨーロッパでは双方の元同盟国の人たちも見ている。

 アメリカの代表でありながら、世界のリーダーでもある。みんなの気持ちに配慮した演説はできるのか? 結局、誰もが納得しない演説で終わってしまうのではないか?

 そう思いながら5月27日、広島の平和記念公園で大統領から50メートルぐらいのところに立って演説を聞いた。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

ニュース速報

ワールド

米調査機関に全幅の信頼、ロシア介入との結論受け入れ

ビジネス

米経済、堅調な雇用と低インフレが「数年」継続へ=F

ワールド

日欧EPA調印、「自由貿易前進の意思示す」と安倍首

ビジネス

アングル:金融庁、新3局体制が始動 総合政策局が司

MAGAZINE

特集:人生が豊かになるスウェーデン式終活

2018-7・24号(7/18発売)

「自分らしい生き方を最後まで全うしたい」と望む世界の高齢者が注目する北欧式「最後の断捨離」とは

人気ランキング

  • 1

    米ロ会談、プーチンの肩持った裏切り者トランプにアメリカ騒然

  • 2

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッションバトルを考察してみた

  • 3

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 4

    1歳の被告が哺乳瓶抱え出廷 こんなことがアメリカ…

  • 5

    ブラジルの街中でサソリの大繁殖が始まった?昨年死…

  • 6

    罰金690円也! モスクでセクシーダンスをした中国…

  • 7

    末永く幸せな結婚生活を望むなら、「これ」はねだるな

  • 8

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

  • 9

    「墨かけ女子事件」は中国民主化運動に発展するか?―…

  • 10

    ロシアでエホバの証人狩り、ソ連「宗教弾圧」の悪夢…

  • 1

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 2

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 3

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 4

    金正恩「デート禁止令」に、北朝鮮大学生の不満が爆発

  • 5

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話…

  • 6

    オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

  • 7

    世界の海洋プラスチック廃棄物の9割は、わずか10の河…

  • 8

    戦慄の実話! 悪夢と化した「憧れの田舎暮らし」 …

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 1

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染、東南アジアで

  • 2

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 3

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 4

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 5

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 6

    金正恩の「美少女調達」システムに北朝鮮国民が怒り

  • 7

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 8

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

  • 9

    【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けよう…

  • 10

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!