コラム

『彼が愛したケーキ職人』、エルサレムを舞台に国籍や宗教を超えてめぐり逢う男と女

2018年11月30日(金)17時50分
『彼が愛したケーキ職人』、エルサレムを舞台に国籍や宗教を超えてめぐり逢う男と女

『彼が愛したケーキ職人』「同じ男」を愛した男女ふたりを巡る物語 (C)All rights reserved to Laila Films Ltd.2017

<恋人を不慮の事故で失ったドイツ人のケーキ職人と、夫を亡くしたイスラエル人のカフェ店主。エルサレムを舞台に「同じ男」を愛した二人の男女が運命的に惹かれあっていく...>

イスラエル出身のオフィル・ラウル・グレイツァ監督の長編デビュー作『彼が愛したケーキ職人』に描き出されるのは、死者も交えた男女の奇妙な三角関係だ。この監督は、そんな関係に宗教や国籍、セクシュアリティといったテーマを絡ませ、独自の視点と新人離れした表現力で、深みのあるエモーショナルなドラマにまとめ上げている。

映画作家であり料理の達人でもある監督ならではの巧妙な設定

ベルリンでカフェを営むケーキ職人のトーマスは、イスラエルから出張でやって来る常連客のオーレンといつしか恋人関係になっている。ふたりは、妻子持ちのオーレンが、仕事でベルリンに滞在する限られた時間をともに過ごす。だが、ある日を境に、帰国したオーレンとまったく連絡がとれなくなってしまう。やがて彼が交通事故で亡くなっていたことがわかる。

一方、エルサレムでは、夫の死亡後の手続きを終えたアナトが、休業していたカフェを再開する。そこに、観光客らしき男トーマスが通ってくるようになる。子育てにも追われるアナトは、職探しをしているという彼を雇うことにする。そして、お互いに悲しみを背負うふたりの距離は次第に縮まっていくが──。この映画でまず注目したいのは、グレイツァ監督が、映画作家であるだけでなく、レシピ本も出すほどの料理の達人であることだ。彼の料理に対する関心とこの映画の設定は深く結びついている。

トーマスはケーキ職人で、アナトもカフェを営んでいる。さらに、仕事と子育てに追われるアナトの世話を焼く義兄モティの存在も見逃せない。彼は厳格なユダヤ教徒で、毎週の安息日を大切にし、コシェル(食物規定)に反することは絶対に許さない。グレイツァ監督は、そんな設定を最大限に生かし、料理をめぐるエピソードに宗教、国籍、セクシュアリティを巧妙に取り込み、登場人物たちの複雑な立場や心理、関係を描き出していく。

ユダヤ教の厳格な食物規定

アナトがカフェを再開するための準備をする場面では、ラビが審査のために店を訪れ、「サラミや豚肉は?」といった質問をし、「再開にはコシェルの認定が要る」と告げる。認定を更新するのを忘れていた彼女は、新たに取得したコシェル認定証を入口に貼る。

カフェで働きだしたトーマスは、誕生日を迎えるアナトの息子のために、サプライズでシナモンクッキーを焼く。ところが、アナトと一緒に店にやってきた義兄モティが、そのクッキーを目にした途端にこのようにまくし立てる。「禁止行為だ。君はオーブンを使えない、非ユダヤ人だからだ。食物規定に反する。全部ゴミ箱行きだ」

それでも、クッキーの美味しさに感動したアナトは、食物規定に触れないように注意して、店で出すことにする。トーマスが作るクッキーやケーキは人気メニューになるが、モティが「非ユダヤ人を雇い続ければ認定も危うくなるぞ」と警告するように、それは綱渡りであり、やがてアナトは窮地に立たされる。こうしたエピソードは、アナトとトーマスがいかに食物規定に縛られているのかを物語っているだけではない。グレイツァ監督は、想像をかきたてるような暗示的な表現を駆使して、ふたりの内面も鋭く掘り下げている。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ビジネス

米株、終盤に下げ転換 コロナ経済対策巡る協議膠着に

ワールド

米副大統領候補にハリス氏、バイデン氏が起用 黒人女

ビジネス

ドル小幅高、米コロナ追加対策協議の行き詰まりで=N

ワールド

原油先物1%安、米コロナ追加対策への期待後退で

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 7

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 8

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 9

    東京都、11日の新型コロナウイルス新規感染188人 緊…

  • 10

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 4

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 7

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!