コラム

『彼が愛したケーキ職人』、エルサレムを舞台に国籍や宗教を超えてめぐり逢う男と女

2018年11月30日(金)17時50分

厳格なユダヤ教徒の家庭でゲイであること

それを明らかにするためには、この映画の導入部を振り返っておく必要がある。そこには、短い時間のなかに伏線といえるものがちりばめられているからだ。

トーマスとオーレンは、どのようにして親密な関係になったのか。この導入部では、当然描かれるであろうその過程が大胆に省略されている。その代わりに印象に残るのが、生地をこねるという行為だ。

映画の冒頭では、なにかを象徴するように生地をこねる両手がアップで映し出される。親密な関係になったふたりが、トーマスのアパートで最後に一緒に過ごす場面でも、急遽帰国することになったオーレンのために、トーマスがキッチンで生地をこねはじめる。オーレンはいつも彼が作ったシナモンクッキーを妻への土産にしているからだ。しかし、オーレンは、そのクッキーと鍵を忘れて帰国の途についてしまう。

この導入部がなにを意味しているのかは、映画の後半で、それまで空白だったトーマスの生い立ちが少しだけ明らかにされることで、察せられるようになる。彼は子供の頃から「足るを知る」という教えに従ってきた。そんな彼にとって、生地をこね、クッキーやケーキを焼くという日々の営みは、単なる職業ではなく、生きる糧になっている。

そう考えると、クッキーを焼いたことでマティから糾弾されたときに、ほとんど感情を表に出さないトーマスが血相を変えるのも頷ける。彼は、文化の違いを思い知らされるのではなく、自分の存在そのものを否定されたような屈辱を覚えている。そんな彼の立場は、厳格なユダヤ教徒の家庭やコミュニティのなかで、ゲイであることを隠さなければならなかったオーレンにも通じる。そして、トーマスのアパートに残されたクッキーと鍵も別な意味を持つことになる。

真実に向き合えるかどうかを試される

では、アナトは、トーマスのクッキーやケーキになにを感じているのか。それを象徴的に表現する興味深い場面がある。安息日にトーマスを自宅に招き、食事をともにした後でひとりになった彼女は、テーブルを片付ける前に、トーマスが作ってきたケーキの残りを食べ始め、皿まで舐めてしまう。

グレイツァ監督は、家の外からガラス戸を通して、そんな彼女の姿をとらえている。彼女は、ケーキに深く心を揺さぶられているが、同時に、枠の中に押し込まれてもいる。あるいは、枠の外に踏み出そうとはしていないと見ることもできる。

アナトは、トーマスが初めて彼女の店を訪れたときに交わした会話で、彼がベルリンからやって来たことを知っている。そんなトーマスが、オーレンのベルリン土産を思い出させるようなクッキーを作れば、単なる偶然とは思えなくなるだろう。だが彼女は、自分が受け入れられないかもしれない真実を知ることを恐れてもいる。

トーマスは黙々と生地をこねつづける。その生地からできるクッキーやケーキを通して、彼に惹きつけられていくアナトは、真実に向き合えるかどうかを試されることになる。


『彼が愛したケーキ職人』
公開:12月1日(土)、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開
(C)All rights reserved to Laila Films Ltd.2017

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ワールド

NY市レストラン、半年ぶりに店内飲食が再開 客数2

ビジネス

東証、全銘柄の取引を終日停止 売買システムの設備故

ワールド

自身に対する犯行の背後にプーチン氏─ロシア反体制派

ワールド

サウジ、来年の歳出削減へ 経済はプラス成長を予想=

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 4

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 5

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 6

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 7

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 8

    異常気象がスペイン風邪の世界的流行の誘因だった?…

  • 9

    人口減少の時代に増え続ける新築物件 全国378万の空…

  • 10

    ニューヨークでコロナ陽性率再上昇――この街はもう、…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 7

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 8

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!