コラム

パレスチナ自治区ガザの美容室で、戦闘に巻き込まれた女性たちの恐怖と抵抗

2018年06月22日(金)16時30分

内部に向かって高まる暴力

この光景から筆者が思い出したのは、『中東・北アフリカにおけるジェンダー』に収められた「危機にある男性性――イスラエルのパレスチナ人の事例」のことだ。この論文では、イスラエルのパレスチナ人が、監視や差別などで抑圧され、男性的なパフォーマンスへの道が閉ざされていることの帰結として、内部に向かって高まりを見せる暴力が検証される。それはたとえば、家庭内暴力であり、武器や車、攻撃的な犬などが、男性的な象徴性を担う行動だという。

もちろん、この論文をそのままガザで生きる男性に当てはめるつもりはないが、少なくともこの映画を解釈するヒントにはなるだろう。

ヴィダトは、ライオンや武器で男性性を誇示するアハマドに振り回され、自分を見失っていく。そして、映画の終盤では、アハマドとライオンの運命が象徴的に描き出される。

閉塞状況にある個人の複雑な心理を掘り下げる

さらに、冒頭で薬物依存症になりかけていると説明した女性サフィアや離婚調停中のエフィティカールもまた、自分を見失っている。サフィアは、他の女性たちを傷つけ、感情を逆なでするような発言を執拗に繰り返し、エフィティカールは、自己中心的で傲慢な態度をとりつづける。

そんな彼女たちの行動もまた男性性と無関係ではない。サフィアは、家庭内暴力に苦しめられていることがわかる。エフィティカールは、夫の仕打ちに対して、張り合うことだけで頭が一杯になっている。自分が見えていない彼女たちは、やがてそれぞれに不安げな表情を浮かべながら、鏡に映った自分の顔を見つめることになる。

この映画は、多様な価値観を持つ女性たちを描くだけなく、また男性を単純にハマスやマフィアという図式に押し込んでしまうだけでもなく、閉塞状況にある個人の複雑な心理や関係性を掘り下げているといえる。

《参照文献/記事リンク》
●『中東・北アフリカにおけるジェンダー――イスラーム社会のダイナミズムと多様性』ザヒア・スマイール・サルヒー編著(明石書店、2012年)
●A conversation with Gaza's 'boy wonders' Arab and Tarzan | Mondoweiss
●Tarzan and Arab: the Gaza artists determined to make it against all odds | The Guardian


2018年6月23日(土)より、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテ ほか全国順次公開

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    四川省出身のチャイナラッパーが世界に大躍進

  • 5

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

  • 7

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    許せない! オランウータン母子襲われ子は栄養失調…

  • 10

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 9

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!