コラム

パレスチナ自治区ガザの美容室で、戦闘に巻き込まれた女性たちの恐怖と抵抗

2018年06月22日(金)16時30分
パレスチナ自治区ガザの美容室で、戦闘に巻き込まれた女性たちの恐怖と抵抗

美容室の周辺は戦闘状態になる『ガザの美容室』

<パレスチナ自治区ガザの美容室を舞台に、戦闘に巻き込まれ、監禁状態となった女性たちを描く>

2009年に公開されたレバノン映画『キャラメル』では、ベイルートにある美容室を主な舞台に、悩みや秘密を抱える5人の女性たちの姿が描き出される。そんなドラマからは、戦争やテロなどの悲劇ばかりが注目されがちな中東の国で生きる女性たちの日常が浮かび上がってくる。

内部分裂も起きるガザ

パレスチナ映画『ガザの美容室』にも、それに通じるアプローチがある。舞台はパレスチナ自治区ガザにある美容室で、結婚式を目前に控えた女性と彼女の実母と義母、臨月の妊婦と彼女の妹、離婚調停中の主婦、女性だけの場でもヒジャブを取らない敬虔なムスリムの主婦、戦争で負傷した夫に処方される薬物に手を出し、依存症になりかけている主婦など、世代や価値観が異なる様々な女性たちが登場する。

もちろん中東とはいっても、西欧化されつつあるレバノンと、イスラエルに軍事封鎖され、イスラム組織ハマスに支配され、内部分裂も起きるガザでは、女性たちを取り巻く状況がまったく違う。

『ガザの美容室』では、美容室で陣痛が始まった妊婦のためにタクシーを呼んだその時に、店の前の通りに銃声が鳴り響き、マフィアに対するハマスの攻撃が始まる。この衝突は、2007年にハマスがガザのマフィアに対して行った掃討作戦がもとになっているという。

美容室の周辺は戦闘状態となり、女性たちは店に取り残され、異様な緊張を強いられる。この映画では、舞台をほとんど美容室の内部に限定して、そんな切迫した状況を描き出していく。

ハマスに表現が制限されるガザでの映画作り

しかし、『キャラメル』との違いは、単に女性たちを取り巻く状況だけではない。筆者が注目したいのは、監督の視点や感性だ。『キャラメル』は、女性監督のナディーン・ラバキーが、西欧と中東の文化の狭間で揺れるレバノン女性たちを描いた作品だった。これに対して、『ガザの美容室』の監督は男性、一卵性双生児の兄弟タルザン&アラブ・ナサールだ。

『ガザの美容室』は兄弟にとって初の長編になるが、彼らの経歴はその表現に様々な影響を及ぼしているように思える。

タルザン&アラブ・ナサールは1988年、ガザ生まれ。彼らが生まれたのは、ガザ地区にあった最後の映画館が閉館した1年後だった。彼らはガザにある大学で美術を専攻する。目指していたのは映画監督で、海外で映画を学ぶことを望んでいたが、ガザから出ることができず、独学で映画作りを身につけていく。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ワールド

北朝鮮の金正恩氏、新開発の戦術兵器の実験視察=KC

ビジネス

米テスラ、月末までのモデル3受注は年内納車へ=マス

ワールド

北朝鮮テレビ、正恩氏が「新開発」兵器の実験視察と報

ビジネス

焦点:米SECが議決権ルール見直しへ、投資家と衝突

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    BTSはなぜ「原爆Tシャツ」を着たのか?原爆投下降伏論のウソ

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    人肉食が予防した不治の病

  • 7

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 8

    期待の中国でも販売シェア半減に 韓国現代自動車は…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓国大法院判決全文の熟読で分かったこと

  • 3

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 4

    金融庁も激怒した、日本の投資信託のイケてなさ

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあっ…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    安倍首相はよく耐えた!

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!