コラム

あの太地町から「捕鯨論争」に新たな光を当てる 映画『おクジラさま』

2017年08月31日(木)17時30分
あの太地町から「捕鯨論争」に新たな光を当てる 映画『おクジラさま』

(c)「おクジラさま」プロジェクトチーム

<ドキュメンタリー『ザ・コーヴ』によって世界の注目を浴び、激しい批判にさらされた和歌山県の太地町。ニューヨーク在住の女性監督が、長期間にわたってその太地町で取材・撮影を行い「捕鯨論争」に新たな光を当てる>

イルカの追い込み漁を行っている和歌山県の太地町は、アカデミー賞にも輝いたルイ・シホヨス監督のドキュメンタリー『ザ・コーヴ』(09)によって世界の注目を浴び、激しい批判にさらされた。この映画は日本でも論争を巻き起こしたので、説明の必要はないだろう。『おクジラさま ふたつの正義の物語』は、ニューヨーク在住の女性監督・佐々木芽生が、長期間にわたってその太地町で取材・撮影を行い、作り上げたドキュメンタリーだ。

この映画では、佐々木監督が映画制作の過程で出会ったアメリカ人ジャーナリスト、ジェイ・アラバスターが案内人になる。中立の立場で取材や撮影を進めるアラバスターと監督は、二人三脚で多くの人に会い、様々な視点を引き出していく。

大きなメディア論争の象徴となってしまった太地町

そのなかでまず注目したいのは、アラバスター自身の視点だ。彼は、「太地町が、大きなメディア論争の象徴となってしまったことに、誰かが気づくべきだ」と語る。シーシェパードのような団体はメディアを駆使する。追い込み漁を監視するツイッターのアカウントは数秒、数十秒ごとに情報が更新され、写真やビデオがネットに拡散していく。

映画には、高台からイルカ漁を撮影しながら、「この殺人者たちは動物の命をなんとも思わないのです」とコメントするシーシェパードの女性の姿が映し出される。これに対して、太地のHPの更新は年に一回程度だという。その結果、欧米のメディアが取材するときには保護団体が情報源になる。

そんな図式から筆者が思い出すのは、文化人類学者ジャニス・S・ヘンケが書いた『あざらし戦争――環境保護団体の内幕』のことだ。85年に出版されたノンフィクションだが、示唆に富み参考になる。

本書では、カナダのあざらし猟に抗議する環境保護運動の内情が掘り下げられている。この運動で大きな役割を果たしたのが、国際動物福祉基金(IFAW)の代表であるブライアン・デイビスだ。彼が運動を始めるきっかけは、テレビ放映されたあざらし猟に関する映画だった。そこには、やらせや誤解を招く表現が含まれていたが、後に誤りが公表されても漁の調査と正確な観察報告が行われても、イメージは一人歩きしていった。

デイビスはその映画に感銘を受けただけでなく、大衆に与えた絶大な効果に注目し、あざらしが死ぬところを見せれば、大衆が必ずついてくると確信した。そこで国際的なマスコミを総動員して残酷さに焦点をあて、抗議の嵐を巻き起こし、団体には多額の基金が寄せられた。著者ヘンケは、デイビスが生み出した影響力を以下のようにまとめている。


「一般大衆にとって、どんなに真剣な動物資源の科学的調査でも、動物が残酷な方法で捕獲されていると繰り返し述べられる主張に匹敵するほどの意味は決してもちえない。捕獲の方法ばかりでなく、捕獲の事実だけでも、抗議運動を進める格好の材料となる。われわれは、アメリカの「海洋哺乳類保護法」およびヨーロッパの毛皮禁止に影響を与えたデイビスの先例を無視するわけにはいかない。一方的な『人道主義的』目的に対して、献金する人々が存在する限り、彼が発生させた種類の影響力が姿を消すことは決してないであろう」

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ビジネス

3日続伸の日経平均、テクニカルは「特別警報レベル」

ビジネス

日経平均3日続伸、悪材料に反応せず:識者はこうみる

ワールド

ジョンソン首相が寄稿、英国は香港市民を見捨てずと強

ビジネス

独ルフトハンザ、第1四半期は21億ユーロの最終赤字

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 2

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(1…

  • 7

    ブラジル、食肉施設で約2400人が新型コロナ感染 南部…

  • 8

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 イン…

  • 9

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 10

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!