最新記事

シリーズ日本再発見

NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝罪文化」

2019年01月16日(水)17時25分
内村コースケ(フォトジャーナリスト)

日本独特の「謝罪会見」

欧米をはじめ、日本以外のほとんどの国では、著名人や企業が不祥事を起こした場合、報道陣の前に直立して頭を下げるという光景はほとんど見られない。そういったフェーズを経ずに、まずは被害者との示談交渉や訴訟に応じ、その結果をメディアに発表するといったことが、「世間」に対する最も誠意ある態度だというのがグローバル・スタンダードな常識だ。

日本国内でも、外資系企業や外国人のトップが同様の行動をして、「世間」の非難を浴びる場合が多い。私がよく覚えているのは、スイス系企業のシンドラー社製のエレベーターに男子高校生が挟まれ、死亡した2006年の事故の同社の対応だ。当時の日本法人の外国人社長や幹部は、当初「世間」に対する謝罪は一切せず、メディアの前では逆に自社の製品の信頼性の高さを強調した。これに対し、日本のマスコミは盛んに謝罪会見の開催・謝罪コメントを要求した。

この状況を受けて日本の弁護士やスタッフのアドバイスがあったのか、事故から9日後に同社幹部の謝罪会見が開かれた。ところが、当時のケン・スミス社長は5秒間頭を下げたものの、「90度以上腰を曲げて目を伏せる」という日本の常識を打ち破り、目を見開いて周囲をにらみつけるような様子を見せたことから、またマスコミの非難を浴びてしまった。その際のスミス社長の謝罪の言葉は「事実確認に重点を置きすぎたため情報開示が遅れて、遺族や住民の皆さまらにお詫び申し上げます」というものだった。

「謝罪」は自らの過ちを認めるホラー(戦慄的)な行為

シンドラー社の謝罪会見について、シンドラーグループの本拠があるスイスの日刊紙、ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥングは、「こうした事故の際に立ちはだかる問題が2つある。1つは日本では人の生命にかかわる技術については他の国と比べて、非常に厳しく完璧さを求められること。もう1つはグローバル化にあっても依然ある文化の大きな違い。記者会見で頭を下げ日本式に謝罪したことをシンドラーの米国の顧問弁護士は、会社が過ちを認めたことになると戦慄(ホラー)を持って受け止めた」と報じている(『swissinfo.ch』)。

今回の山口さんの事件では、「性犯罪の被害者である女性」が謝罪しているという点で、海外の目からはさらに「ホラー」に映ったことであろう。日本のサブカルチャー全般には好意的なスタンスであるはずの『Kotaku』も、一連の経緯とネット上の反応をまとめたうえで、「謝罪は必要だ。しかし、それは彼女からではない」と批判的なトーンの記事を結んでいる。香港英字紙サウス・チャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)も、襲われた側の日本のアイドルが謝罪に追い込まれた件が「日本と世界の人々の怒りに火をつけた」と報じている。

日本のポップカルチャーやアイドル事情に通じているアジアのファンにとっても、今回の件はショッキングだったようだ。「自分がどのように男たちに襲われたかを明かし、彼女を守らなければいけなかった人々が正義を示さなかったからといって、被害女性が謝る必要は全くない。被害者を非難し、傷つけるのはやめて!」――。こうしたツイートが、#justiceforMahohon(まほほん=山口真帆さんの愛称=に正義を)というハッシュタグ付きで広まっていると、SCMPは報じている。

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 3

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 4

    韓国でアストラゼネカ製ワクチン接種者2人が死亡 当…

  • 5

    26歳の僕を圧倒した初ジブリ体験、『風の谷のナウシ…

  • 6

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 7

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 8

    入院中の英フィリップ殿下、「容体は若干改善」=カミラ…

  • 9

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 10

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 4

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 5

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 6

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 9

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 10

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!