コラム

鍵田&佐藤のフラメンコ世界「愛こそすべて」

2012年12月13日(木)20時19分

 以前に弊誌特集『世界が尊敬する100人』にも登場した鍵田真由美・佐藤浩希が主催するフラメンコ舞踊団「ARTE Y SOLERA(アルテ・イ・ソレラ)」の公演を先日見に行った。公演タイトルは「愛こそすべて~完全版~」で、「スペインの歌謡曲」に合わせて踊るというちょっと面白い趣旨だ。

 どの歌も「愛」がテーマ。「私は彼の人生の一部で、彼は私の影だった♪♪」とか、「君との思い出は日に日に甘くなっていく♪♪」とか、こてこての歌詞に合わせての群舞あり、ソロありの充実の1時間半。最初は美空ひばりやテレサ・テンばりの世界にすんなり入り込めなかったが、途中、鍵田の明るいソロあたりで一気に引きこまれた。

愛こそ2.JPG愛こそ3.JPG_.jpg  ⓒ川島浩之


 佐藤の陽気な人柄、鍵田の凛としたたたずまい――正反対の雰囲気を持つ2人だが、その「陰と陽」の感じが舞台の上でぶつかり合い、独特のエネルギーを放っている。フラメンコと能、フラメンコとジャズといった独創的なコラボレーションを実現してきた2人(もともと鍵田が佐藤の師匠で、今は夫婦である)は互いに支え合い、刺激し合って、枠にとらわれない表現を続けながらこれからも日本のフラメンコ界を引っ張って行ってくれそうだ。

 個人的にバレエもよく見に行くが、あちらは圧倒的な形式美を大切にする芸術。例えば、トゥシューズで立ったときの甲の出方とか、「膝を入れる」立ち方とか、胸の閉じ方とか、とにかく美しく見せるために細かい点まで重視する。そして体の重みを感じさせないよう、妖精のように宙を舞う(「地に足のつかない」と言おうか)。現実を忘れさせてくれる、夢のような世界だ。

 それに対してフラメンコはどっしりと大地に足をつけ、肉体の奥底からわき上がる抑えきれない感情をコントロールするような踊り。型にはまらず、一人ひとりのそれぞれ違う「生」を表現するようなものだ。音楽もフラメンコギターは別にして、カンテ(歌)やパルマ(手拍子)、サパティアード(靴音)と、人間の体から発せられる音が主役になると言っていい(ギターが加わったのは19世紀になってからのようだ)。その力強さが、たまらなくいい。

 今回、会場に白髪交じりの男性の姿が目立ったのが印象的だった。バレエでは絶対にあり得ないことだ。そのあたりもフラメンコ独特の人間くささ、泥くささゆえなのだろう。
 
 「愛こそすべて~完全版~」は、来年2月22日~3月9日にスペインのヘレスで開催される第17回フェスティバル・デ・ヘレスに招待公演として参加するそうだ(スペイン語の公演タイトルは『iAMOR, AMOR, AMOR!』)。「ARTE Y SOLERA」は04年に外国人として初めて正式招待され、今回が2度目の出場になる。

 日本での来年の公演はまだ発表されていないが、12月20日(木)~26日(水)には舞踊団を撮った川島浩之の写真展が開かれるそうだ。興味のある方は是非。
 
 バレエで言えば、現在公開中の映画『ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ!』がとてもいい。若者向けのバレエコンクールの舞台裏を追ったもので、登場する子供たちのすごさはもちろんだが、親の協力ぶりやエゴ、紛争国や途上貧しい国の厳しい現実といった世界情勢も垣間見せる、深みのあるドキュメンタリーに仕上がっている。バレエファンでない人にも、かなりお勧めです。

――編集部・大橋希


このブログの他の記事も読む

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

ニュース速報

ワールド

原油先物は上昇、米在庫減少で燃料需要巡る楽観高まる

ワールド

蘋果日報の廃刊、香港メディアへの「政治的抑圧」 台

ワールド

アングル:米企業、従業員のワクチン接種確認で混乱 

ワールド

フィリピンのベニグノ・アキノ前大統領が死去=関係筋

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

  • 2

    トルコの海を覆い尽くす「海の鼻水」...茶色い粘液の正体は?

  • 3

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環境破壊と難民危機

  • 4

    G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増で…

  • 5

    イスラエルが航空機搭載のレーザー兵器でブレイクス…

  • 6

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 7

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 8

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 9

    インドの「スーパースプレッダーイベント」、虚偽の…

  • 10

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中