コラム

ハッカニ・ネットワークが再び表舞台に

2011年10月03日(月)18時09分

 9月13日にアフガニスタンの首都カブールにある米大使館で発生したテロ攻撃を始め、米軍やホテルを狙った最近のテロ攻撃の犯行グループとみられている武装勢力ハッカニ・ネットワーク。米政府は現在、パキスタンの北ワジリスタンに拠点を置くこの集団をテロ組織に指定しようとしており(同組織の幹部は個別にテロリスト指定されている)、注目度が高まっている。

 ハッカニ・ネットワークは、80年代にアフガニスタンを侵攻したソ連軍と戦ったアフガン人ジャラルディン・ハッカニと息子シラジュディンが率いる。当時はCIA(米中央情報局)からの支援を受けていたが、今ではパキスタン軍や武装勢力タリバンと密につながり、アフガニスタンで最も危険な勢力だと見られている。

 今、ハッカニのテロ組織指定をめぐり、ビンラディン殺害以降かつてないほど険悪になっているパキスタンとアメリカの関係がさらに悪化している。

 まもなく退官する予定のマレン米統合参謀本部議長は、大使館テロ攻撃などを「ISI(パキスタン軍の情報機関)の支援を受けたハッカニの工作員が計画し、実行した」と発言。一方でパキスタンのヒナ外相は、「ハッカニ・ネットワークは長らくCIAの『秘蔵子』だった」とやり返した。

 米政府は何年もの間、アフガニスタンで繰り返し大規模テロを繰り返すこの組織を攻撃するよう再三パキスタン政府に働きかけてきたが、実行されることはなかった。ハッカニ・ネットワークのメンバーたちは「パキスタン軍とは停戦しているから軍からの攻撃は心配ない」と、北ワジリスタンで自由に動き回っている。ニューヨークタイムズ紙は、ハッカニ・ネットワークが誘拐や強奪などで犯罪帝国を築き上げ、「アメリカからの復興支援金で道路や学校をつくる会社などから用心棒代を要求している」と書いている。

 パキスタン軍のキヤニ統合参謀長は軍幹部と緊急の会議を開き、ハッカニ・ネットワークを攻撃しないと改めて確認、真っ向からアメリカの圧力を突っぱねた。表向きの理由は軍にその余力が残っていないというものだが、パキスタンはアフガニスタンの情勢をコントロールするのにハッカニ・ネットワークを手放すつもりはない。

――編集部・山田敏弘

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

ニュース速報

ビジネス

仮想通貨を取引しているのは機関投資家の10%、JP

ワールド

米上院超党派グループ、インフラ計画でバイデン氏と2

ワールド

新規感染拡大続けば対策強化、専門家と適切に判断=西

ワールド

香港民主派紙リンゴ日報、26年の歴史に幕 最終版に

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

  • 2

    トルコの海を覆い尽くす「海の鼻水」...茶色い粘液の正体は?

  • 3

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環境破壊と難民危機

  • 4

    G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増で…

  • 5

    イスラエルが航空機搭載のレーザー兵器でブレイクス…

  • 6

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 7

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 8

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 9

    インドの「スーパースプレッダーイベント」、虚偽の…

  • 10

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中