最新記事

中印関係

「中国寄り」に傾きかけていたインドを、再び怒らせた「正体不明の中国船」騒動

India-China Friction

2022年9月7日(水)17時01分
ラジェスワリ・ラジャゴパラン(オブザーバー・リサーチ財団安全保障・戦略・技術センター所長)

スリランカのハンバントタ港に入港した中国の遠望5号(8月16日) THILINA KALUTHOTAGEーNURPHOTO/GETTY IMAGES

<調査船「遠望5号」のスリランカ寄港が招いた波紋。台湾問題について中国への理解も示していたインドを遠ざける結果に>

インド政府関係者は、中国との国境問題にいら立ちを募らせているようだ。このところ、中国に対する不満をあからさまに表明している。

最も新しい対立のきっかけは8月16日、スリランカ南部のハンバントタ港に中国の調査船「遠望5号」が入港したことだ。当初は11日に入港する予定だったが、スリランカ当局が「インドが提起した安全保障上の懸念」を理由として許可を出さなかった。

インドでの報道によると、中国側は「スリランカの排他的経済水域(EEZ)内で船舶自動識別装置を作動させておくことと、スリランカ海域で科学調査を行わないこと」を条件として13日に入港許可を得た。

この船の性格が曖昧なことが、対立に拍車を掛けている。中国側は科学研究のための調査船と主張するが、米国防総省はこの船が人民解放軍の指揮下にあり、衛星やミサイル発射を追跡する能力があるとみている。インド側は、国内の宇宙センターやミサイル実験場など機密施設が遠望5号の追跡可能範囲内にあるのではないかと疑っている。

中国の戚振宏(チー・チェンホン)駐スリランカ大使はスリランカ・ガーディアン紙への寄稿で、スリランカが当初、中国の入港要請を拒否したことに関連してインドを非難した。「『安全保障上の懸念』を根拠としながら、何の証拠もない外部からの妨害は、スリランカの主権と独立への徹底的な干渉と言っていい」と、戚は書いた。

寝た子を起こすツイート

さらに戚はナンシー・ペロシ米下院議長の8月初めの台湾訪問に触れて、「中国の主権と領土保全を著しく侵害し、台湾海峡の平和と安定を著しく損ない、『台湾独立』を掲げる分離主義勢力に誤ったシグナルを送っている」と、アメリカを非難した。

この2つの問題を結び付けたことが、インドを怒らせたようだ。在スリランカのインド大使館は一連のツイートで「中国大使が外交上の基本的な礼儀を欠いているのは、大使自身の問題かもしれないし、国の姿勢を反映したものかもしれない」と述べた。

さらに大使館は、スリランカにおける中国主導の大規模インフラ建設が借金まみれであることや透明性が欠如していることを示唆し、それがスリランカの最近の混乱の一因になっていると指摘した。

この時のインド大使館の台湾問題に関するツイートは、ペロシが台湾を訪問した8月に示していた姿勢とは全く違う。インド外務省報道官は8月12日と25日に、インドが「一つの中国」政策を堅持していると確認した。その背景には、駐インド中国大使からの要請があったとみられる。

インド政府関係者が神経をとがらせているのは、中印国境問題の解決を目指す両国の協議が行き詰まっているからだ。インドのスブラマニヤム・ジャイシャンカル外相は8月、対立が続く現状を「危険な状態」と表現し、このような状況で中印関係の正常化はあり得ないと語った。そのとおりかもしれない。

©2022 The Diplomat

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

ワールド

ロシア、ドル建て債利払いをルーブルで実施=財務省

ビジネス

S&P、英格付け見通し「ネガティブ」に 財政赤字縮

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レヴィーンの「お相手」たち

  • 4

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 5

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 6

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 7

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 8

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 9

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 10

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月