コラム

習近平とは何者なのか(1)

2011年01月18日(火)18時38分

 本誌1月19日号にも書いたが、ウィキリークスが年末に公表したアメリカ国務省の外交公電に、中国次期トップ習近平の知られざる素顔を暴く証言が含まれていた。「無骨な田舎者」「ビジネス感覚に長けたリーダー」「外国を敵視する危ない人物」――人となりを示す情報やエピソードが少なすぎるせいで、これまで習の素顔をめぐっては、チャイナウォッチャーの間でさまざまな憶測が飛び交っていたが、この証言は論争に終止符を打つかもしれない。それぐらい重要な中身が含まれている。

 公電は駐北京アメリカ大使館から09年11月に発信された。情報源は、アメリカ在住の中国人学者だ。在米中国人の情報が北京を経由し、地球を半周して国務省に戻った理由は定かでないが、そういった不可解さを差し引いても、この学者が語る内容は具体的で生き生きとした習近平のエピソードにあふれている。

 公電によれば、学者は習と同じ1953年に生まれた。習近平と同じく、父親は新中国の建国に貢献した革命第1世代で、毛沢東の出身地である湖南省の別の村で生まれ、初期から中国革命に参加した。学者の説明によれば、父親は「同時に日本と香港でも生活。労働運動のリーダーとして次第に頭角を現し、49年に中国に戻ったあと、初代労働部長(大臣)に就任した」のだという。

 中国の初代労働部長は1920年代に中国共産党を率い、後に失脚した李立三という政治家だが、彼に日本や香港での生活経験という公式記録はない。日本や香港で暮らし、中国革命に参じた人物といえば東京・新宿生まれで早稲田大学卒の華僑、寥承志がまず思い浮かぶが、公電の「父親」とは経歴が異なる。

 おそらくこの学者と接触した米外交官は、ニュースソースを秘匿するため複数の人物の経歴を混ぜ合わせた架空の「父親」をつくりあげ、本国に報告したのだろう。ただニュースソースがあやふやだからといって、この情報の確度が低いということにはならない。むしろ逆で、確度が高く貴重な情報源だからこそ、この外交官は学者を守ろうとしたのだろう(学者という職業も実は真実と違うかもしれない)。

 この学者や習ら革命第1世代の子供たちは、北京市内の一般市民からは隔離された場所で育った。2人は小さい頃には面識がなかったが、ともに文化大革命期に農村に送られ、文革が終わって北京に帰る頃までに個人的な知り合いになった。その関係は15年間にも及び、2人の進む道が在米学者と共産党の政治家に分かれたあとも続いた。

 そして学者は驚くべき習近平の「個人情報」を語り始める――。(続く)

――編集部・長岡義博(@nagaoka1969)

習近平とは何者なのか(2)
習近平とは何者なのか(3)

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

ニュース速報

ワールド

中国台山原発、放射漏れはない 許容値も変更せず=環

ビジネス

日経平均は反落で引け、FOMC控えで買い見送りムー

ビジネス

マイナス金利深掘りは慎重な検討を、収益に大きな影響

ビジネス

午後3時のドルは110円付近、FOMC待ちでこう着

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 2

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親族が発見 インド

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    カメラや望遠鏡が、紙のように薄くなる?光学素子が…

  • 5

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 10

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 6

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 9

    アジアゾウの群れが大都市の目前に、警察など400人が…

  • 10

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 6

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中