コラム

吉田都と「バレエ王子」ツァオ・チー

2010年07月20日(火)15時07分

 英ロイヤル・バレエ団でプリンシパル(最高位のダンサー)を務めた吉田都(44)が6月の日本公演(『ロミオとジュリエット』)を最後に、同バレエ団を引退した。

 フリーとして現役を続行するようだが、今後日本に拠点を移してどんな活動をしていくのか楽しみだ。世界で活躍するバレエダンサーの中心は20代で、30代には引退するケースが多く、吉田の44歳という年齢だけを考えればもう最盛期は過ぎていると言っていい。それでも彼女の踊りを観たいというファンはまだまだたくさんいるし、後進を育てるという意味でも大きな役割があるだろう。
 
 彼女の安定した足さばき、美しいピルエット(回転)は本当に見事なのだ。

 少し前になるが、吉田の4月の引退公演『シンデレラ』について4月27日付け英タイムズ紙が公演評を書いている。「バレエファンにとって、素晴らしい新人の登場ほどわくわくすることはない。そして、愛するスターに別れを告げることほど心に迫るものはない」という書き出しで、「95年にロイヤル・バレエ団に加わった彼女は、私たちの心の中に特別な場所を刻み込んだ。それも、華々しい仲間たちのようにあからさまな自己宣伝をすることなく」と、彼女の控えめだが確かな実力を称賛。「彼女の踊りは相変わらず華麗で、楽しくて、最高レベルのテクニックを保つという厳しさとは反対に、楽々と流れるように続いていく」と評した。

 ダンサーの「引き際」の難しさについては、昨年、60歳を過ぎても踊り続ける森下洋子の舞台を見て考えさせられた。いくら努力しても、20代と60代が体力的に同じでいられるはずはなく、その分をオーラや表現力でカバーしているのだが、どうしてもかつて人気だったバンドの再結成コンサートにあるような「実力よりもネームバリュー」感が漂う。特に森下の夫であり、主役を張る清水哲太郎(62)の姿には、「彼に代われるダンサーはいっぱいいるだろうに」と思ってしまった(松山バレエ団の森下の公演には、夫の清水がもれなく付いてくる、という感じ)。

 そう、若くて素敵なダンサーはいっぱいる。例えば8月公開の映画『小さな村の小さなダンサー』で主演を務めたツァオ・チー。現在、英バーミンガム・ロイヤル・バレエ団のプリンシパルだ(映画の宣伝では「中国のバレエ王子」と称している模様)。

 映画は、81年に中国からアメリカに亡命した名ダンサー、リー・ツンシンの著著『小さな村の小さなダンサー』(旧タイトル『毛沢東のバレエダンサー』、徳間書店)が原作で、時代に翻弄されるダンサーの実話が感動的な物語に作り上げられている。映画初出演のツァオだが、バレエシーンはもちろん演技もなかなかの力を見せている。
 
 先日、ツァオにインタビューしたところ、「日本のバレエでは小さな頃から『踊る』けれど、中国では最初の2年間くらいはストレッチや体力づくりばかり。かなり退屈なんだけど」と語っていたのが印象的だった。なんとなく中国らしいというか......。

 ちなみにバーミンガム・ロイヤル・バレエ団は吉田がロイヤル・バレエに移る前に在籍し、芸術監督ピーター・ライトの下、その名前を知られていったバレエ団だ(両者は王立のきょうだいバレエ団)。吉田とツァオはかなり親交があるらしい。

――編集部・大橋希

このブログの他の記事も読む

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

再送-バイデン氏、会談で「的を射た質問」 米軍トッ

ワールド

アングル:米ロが中距離兵器を再配備、中国巻き込み軍

ワールド

アングル:中国、ビザなし渡航で観光客増加 コロナ前

ワールド

ハリス氏、民主党の勝利確約 大統領選 大口献金者と
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 5
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 6
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 7
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 8
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 6
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 7
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 8
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 9
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story