最新記事

英王室

アーチーとリリベットはエリザベス女王の葬儀に参列する?

Queen Elizabeth funeral: Will Archie, Lilibet attend? Here's what we know

2022年9月12日(月)16時56分
ニカ・ベルトゥダゾ

アーチー王子殿下の洗礼式(2019年7月6日) Chris Allerton/REUTERS

<祖父の即位で王子/王女の称号は得たけれど......>

イギリスのエリザベス女王が9月8日、96歳で崩御した。葬儀は19日に予定されているが、その詳細はまだ明らかになっていない。葬儀を巡って多くの王室ウォッチャーが注目しているのが、孫のヘンリー王子とメーガン妃の間に生まれ、女王の逝去に伴い新たに王子殿下と王女殿下になったアーチー(3)とリリベット(15カ月)が参列するかどうかだ。

オーストラリアのニュースサイト、ナウ・トゥ・ラブが報じたところでは、葬儀にはエリザベス女王の4人の子供たち──新国王チャールズ3世、アン王女、エドワード王子、アンドルー王子──を初め、王族の大半が出席する見込みだ。

もちろん、チャールズの長男で新たに皇太子となったウィリアム皇太子とキャサリン皇太子妃も出席すると見られる。

葬儀にはチャールズの次男ヘンリー王子もメーガン妃とともに出席すると言われている。ちなみにメーガンは最近、自身のポッドキャストや雑誌のインタビューで王室を酷評したとして非難を浴びている。ヘンリー王子夫妻は10日、皇太子夫妻とともに、ロンドン郊外のウィンザー城の周囲に追悼のために集まった市民の前に姿を見せた。

ウィリアム皇太子の子供たちは出席予定

まだ公式発表はされていないものの、ナウ・トゥ・ラブによればウィリアム王子の3人の子供たち──ジョージ王子(9)、シャーロット王女(7)、ルイ王子(4)は葬儀に出席する予定だという。昨年春のエリザベス女王の夫エディンバラ公フィリップ殿下の葬儀の際は、ソーシャルディスタンスなど新型コロナウイルスの感染予防措置が厳しかった時期で出席しなかった。

一方で、アメリカに住むヘンリー王子夫妻の子供たちの出席についてはまだ分からない。ナウ・トゥ・ラブは子供たちはすでにイギリスに向かったと伝えているが、確認はされていない。

ナウ・トゥ・ラブによれば、まだ幼いなどの理由から、ヘンリー王子夫妻が子供たちを連れてこない決断をした可能性もある。一方で、エリザベス女王が死去したことで「国王の孫」となった子供たちが「王子」「王女」の称号を与えられたとも伝えられている。

いずれにせよ、正式な発表はこれから。ヘンリー王子一家のことが気になる人は、それまではいかなる情報も眉唾ものだと思って受け止めておいたほうがいい。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

英政府と中銀、政策上の食い違いない─財務相=FT紙

ワールド

中国と安定した関係目指す、ウクライナ危機解決に貢献

ワールド

米国務長官、台湾安定の重要性強調 中国外相「危険な

ビジネス

アングル:ドイツを襲うエネルギー危機、広がる企業倒

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ウクライナ サイバー戦争

2022年9月27日号(9/20発売)

ウクライナでのロシア大苦戦の裏に、世界が知らないもう1つの戦場があった

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 9

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガン夫人には「隠し撮り」疑惑が

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    米オクラホマの刑務所、童謡を繰り返し聞かせる「拷問…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり漏洩 記念撮影で

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 7

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月