コラム

電撃的な米朝首脳会談――トップダウン外交の突破力と危うさ

2019年07月03日(水)18時30分
電撃的な米朝首脳会談――トップダウン外交の突破力と危うさ

お互いトップダウンだからできた電撃パフォーマンスだが、交渉もうまくいくとは限らない(6月30日、南北軍事境界線上の板門店で「落ち合った」トランプと金正恩) Kevin Lamarque-REUTERS

<トランプ大統領のツイートをきっかけに急遽実現したといわれる米朝首脳会談は、トップダウン外交の突破力とともに危うさを示している>

トップダウンの突破力

6月30日、電撃的に、しかも現役のアメリカ大統領として初めてトランプ氏が訪朝したことはG20大阪サミットの余韻を吹き飛ばすほどのインパクトをもたらしたが、この突然のイベントはトランプ大統領と金正恩委員長ならではのものだった。

2月のハノイでの首脳会談が物別れに終わった後、米朝交渉は手詰まりになった。アメリカが「核兵器の全面廃棄」を、北朝鮮が「制裁の解除」を主張し、それぞれ相手に先に行動を求める以上、要求が食い違うことは当然ともいえるが、米朝首脳はいずれも交渉継続には利益を見出している。

この手詰まり打開のきっかけは、トランプ大統領が29日、会談を持ちかけるツイートをしたことといわれる。

外交官などの実務家は、それまでの経緯や一般的な手続きなどを意識せざるを得ないが、トランプ氏の行動はこれらを全てバイパスしたものだ。だとすれば、それに応じた金委員長にも、トップダウンの外交を好む点でトランプ氏との共通性をうかがえる。

2人のプロデューサー

米朝のトップダウン外交は、注目度を引き上げるとともに、交渉を再開させるという意味では大成功だった。

トランプ氏が軍事境界線を徒歩で超えるなどの展開に各国の報道陣は右往左往し、その混乱ぶりまで報じられた。それはさながら、かつてトランプ氏が手がけていたリアリティ番組のように、先の展開が読めない臨場感を視聴者に与えた。

これは番組プロデューサーとしてのトランプ氏の面目躍如ともいえる。

ただし、これは金委員長に関しても同じだ。「我々の素晴らしい関係がなければこの会談は実現しなかった」とトランプ氏を持ち上げ、歴代大統領とは違うと内外に宣伝したことでスペシャル感はさらに増した。

これが万能感や賞賛への渇望が強いトランプ氏を大いに満足させたことは疑いない。金委員長はトランプ氏の性格や考え方を研究してきたといわれる。だとすれば、トランプ大統領をご機嫌にさせて交渉再開に持ち込んだ金委員長もまた、この世紀のリアリティ番組のプロデューサーだったといえる。

トップダウンの落とし穴

ただし、それまでの経緯や実務的な手続きをバイパスしたトップダウン外交は、大胆な方針転換を可能にするが、いつでも成功するとは限らない。

それが機能した一例として、1989年の冷戦終結があげられる。

冷戦終結のスタートは、ソビエト連邦共産党書記長だったミハイル・ゴルバチョフが投げかけたボールをアメリカのロナルド・レーガン大統領(当時)がキャッチしたことにあった。この交渉は、トップダウン外交に向いた構造をしていたといえる。両国の政府・軍には相手への不信感が大きかったものの、交渉の核心部分で米ソの利害が一致していたからだ。

プロフィール

六辻彰二

筆者は、国際政治学者。博士(国際関係)。1972年大阪府出身。アフリカを中心にグローバルな政治現象を幅広く研究。横浜市立大学、明治学院大学、拓殖大学、日本大学などで教鞭をとる。著書に『イスラム 敵の論理 味方の理由』(さくら舎)、『世界の独裁者 現代最凶の20人』(幻冬舎)、『21世紀の中東・アフリカ世界』(芦書房)、共著に『グローバリゼーションの危機管理論』(芦書房)、『地球型社会の危機』(芦書房)、『国家のゆくえ』(芦書房)など。新著『日本の「水」が危ない』も近日発売

ニュース速報

ワールド

中国の香港出先機関、米制裁を批判「こっけいでばかげ

ワールド

コロナ対策協議、合意なければ権限行使する=トランプ

ワールド

アングル:「銭湯文化」を救う日本の新世代、コロナ禍

ワールド

アングル:トランプ氏TikTok「分け前」要求、法

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 6

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 7

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 8

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 9

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史か…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!