コラム

殺人者の逃避行でも、映画『悪人』に本当の悪人は1人もいない

2023年01月05日(木)15時10分
悪人

ILLUSTRATION BY NATSUCO MOON FOR NEWSWEEK JAPAN

<映画『悪人』についてネットで検索すると「本当の悪人は誰か」といったフレーズが見られる。でも、本当の悪人は1人もいない。人は環境設定でいかようにも変わる。それがこの作品のテーマだ>

『怒り』について書いた前回の原稿の最後に、次回は『悪人』について書くと予告した。なぜならこの2つはペアだから。この2つを見れば、吉田修一と李相日監督が作品に込めた思いがよく分かるから。

解体業の仕事をしている祐一(妻夫木聡)は、出会い系サイトを通じて知り合った佳乃(満島ひかり)と逢瀬を重ねていた。しかし佳乃は寡黙な祐一をつまらない男と見下していて、金の関係と割り切っている。

その日も佳乃に呼び出された祐一は、唯一の趣味である愛車を駆って出向くが、待ち合わせ場所で佳乃は、本命として狙っていた増尾(岡田将生)を偶然見つける。祐一との約束を反故(ほご)にして増尾の車に乗り込む佳乃。祐一は増尾の車の後を追う。

ここまでが事件の発端。念を押しておくが、本作はサスペンスではない。だから犯人を隠す必要はない。やがて佳乃の遺体が見つかる。同じころ祐一は出会い系サイトで知り合ったばかりの光代(深津絵里)に接触する。

国道沿いにある大手紳士服店で働く光代は、国道沿いにある小中高に通ってきた。恋人はいない。毎日が同じ日常の繰り返し。

初めてのデートで、祐一は光代をホテルに誘う。戸惑うが応じる光代。しかし祐一は行為後に光代にお金を渡そうとする。ちょうどその頃、警察は祐一の存在に気付く。後半は、孤独で不器用な2人の逃避行だ。

ネットなどでこの映画について検索すると、「本当の悪人は誰か」などのフレーズを散見する。祐一が寡黙で不器用になってしまったことには理由がある。幼い頃に母に捨てられたのだ。ならば本当の悪人は誰か。被害者ではあるけれど、祐一を見下しながら利用していた佳乃なのか。あるいは、その佳乃を見下しながら邪険に扱い、結果として事件のきっかけをつくった増尾なのか。

もしもそう主張する人がいるならば、吉田と李の代理として、それは違うと僕は言わねばならない。この作品のタイトルは『悪人』だけど、本当の悪人は1人もいない。

佳乃も増尾も、これまでの成育環境やいくつかの偶然が重なっていなければ、もっと善き人になっていたかもしれない。

プロフィール

森達也

映画監督、作家。明治大学特任教授。主な作品にオウム真理教信者のドキュメンタリー映画『A』や『FAKE』『i−新聞記者ドキュメント−』がある。著書も『A3』『死刑』など多数。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、米国によるウ軍への戦車供与非難 「ロと同じ

ワールド

イスラエルのユダヤ教礼拝施設で銃撃、7人死亡

ビジネス

NY外為市場=ドル対ユーロで小幅高、米経済指標受け

ワールド

アングル:印首都で石炭使用禁止、バイオマス移行迫ら

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前とここまで酷似する不気味な符合

  • 3

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を嗅いだ子犬、臭すぎてえずく

  • 4

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 7

    米ロの主力戦車「エイブラムス」と「T90」の性能を比…

  • 8

    かつてはオバマ夫妻と「同列」だったヘンリー&メー…

  • 9

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 10

    「子供に興奮する変態」と批判され...「肉体は8歳」…

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 8

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中