Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2022.11. 1号(10/25発売)

特集:声の科学

2022年11月 1日号(10/25発売)

Cover Story

「正しい声の使い方」を学べば他人も自分の人生も変わる。その驚きの分析・効果・訓練法とは?

サイエンス 他人を動かし自分を変える声の潜在力
VOICE 01 田中角栄(元日本国首相)
VOICE 02 菅義偉(前日本国首相)
VOICE 03 麻原彰晃(オウム真理教の元教祖)
VOICE 04 ウォロディミル・ゼレンスキー(ウクライナ大統領)
VOICE 05 岸田文雄(日本国首相)
VOICE 06 ドナルド・トランプ(前米大統領)
VOICE 07 ジョー・バイデン(米大統領)
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

保守党が陥ったノスタルジアの罠

英政治 史上最速で首相が辞意を表明したが、混乱の原因は党の体質にある
【Periscope】
CHINA 中国警察が世界に展開する「派出所」の狙い
INDONESIA 警察改革はサッカー界改革より難しい?
UNITED STATES 米中間選挙の勝敗を左右する激戦州
GO FIGURE ネットの自由度が高い国、低い国
【Commentary】
欧州 民主主義先進国、イギリスの落日 ── 河東哲夫
日本 岸田の「原発回帰」が正しい理由 ── グレン・カール
経済 利上げという身勝手の犠牲者は新興国 ── グン・リー
風刺画で読み解く「超大国」の現実 中国人の心を揺さぶる「孤勇者」── ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 政府のベンチャー支援は正しいが ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 彼がお店でチップを払いたがりません
ニューヨークの音が聴こえる もし僕が「ペット法案」を作るなら ── 大江千里
【World Affairs】
中東 イラン反体制デモの陰の主役は少数民族
ロシア ウクライナ空爆が示すプーチンの窮地
中国 習近平が語った不穏な未来
【Features】
軍事 台湾有事をモスクワ号撃沈から占う
【Life/Style】
Drama 悲劇で儲ける『ダーマー』の罪深さ
Drama 「スター・ウォーズは常に進化している」
Health ビタミン剤過剰摂取の深すぎる落とし穴
Women イラン民主化は「時間の問題」だ
My Turn 私の本がまさかの禁書?
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 繊細で大胆な動物たちの一瞬の輝き
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 「無用の用」が息づく現代の日本 ─ カン・ハンナ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃の反応が...「触らないで!」動画に注目集まる

  • 3

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の華麗な「王室プロトコル」にファンがうっとりため息

  • 4

    トイレ内に「隠し部屋」への秘密通路を発見...ドアの…

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    炎で夜空が赤く染まる映像...ウクライナ無人機がロシ…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 9

    「豊胸手術をしなければよかった」...ヴィクトリア・…

  • 10

    ウクライナで兵力動員が難航...著名部隊「ダビンチ・…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 10

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中