Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2020.4. 7号(3/31発売)

特集:コロナ危機後の世界経済

2020年4月 7日号(3/31発売)

Cover Story

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

感染症 コロナ危機後に激変する世界経済
日本 新型肺炎で始まる脱中国
景気 中国経済は本当にV字回復するか
アメリカ 「景気刺激策」ではまだ足らない
予測 識者7人が予想するパンデミック後の世界
ビジネス 小規模事業が生き残るためには

「医療崩壊」ヨーロッパの教訓

新型肺炎 パンデミックの主戦場と化した欧州から日本が学ぶべきこと
【Periscope】
SOUTH KOREA 極悪ネット性犯罪と「女性軽視文化」
CUBA 「奇跡の新薬」と医師団を派遣するキューバ
VENEZUELA マドゥロが麻薬テロで起訴されたが
GO FIGURE コロナ失業のハイリスク業種は
【Commentary】
分析 そしてアメリカの覇権は続きゆく── 河東哲夫
中東 イスラム圏で広がるコロナ陰謀論── 飯山陽
視点 コロナ後に来る中国の時代──グレン・カール
風刺画で読み解く「超大国」の現実 中国人留学生を祖国が猛批判── ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 コロナで最低所得保障が現実に?── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 愛犬の「腰振り」に気まずい思い
たかがジョーク、されどジョーク 中国のコロナ会議で発言したら── 早坂隆
【Features】
環境 経済成長こそが最善の温暖化対策だ
リスク 沿岸都市に水の危機が迫る
【Life/Style】
Books パンデミック文学から学べること
Celebrity 「ハリウッド予備選」に勝つのは誰だ
Food 漁場を荒らす厄介者が第2のエスカルゴに
Movies ラドクリフは魔法使いから脱獄犯へ
Health マインドフルネスでコミュニティーを救う
Opera オペラで自粛ムードを吹き飛ばせ
Travel 極上の星空が待つ世界のスポットへようこそ
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 歌う人々の普遍性を切り取って
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 西村カリン──ウイルス危機にも3つの「安」

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族の学校からハングルを抹消へ

  • 2

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中国の証拠動画

  • 3

    ビルボード1位獲得のBTS──ダイナマイトな快進撃の舞台裏

  • 4

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 5

    麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

  • 6

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 7

    グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

  • 8

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と…

  • 9

    スタートした政権移行作業、トランプはどうして認め…

  • 10

    バイデンとの関係に苦慮する文在寅政権

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 3

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たったひとつの希望」

  • 4

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 5

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 6

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 7

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 8

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 9

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 10

    それをあなたが言いますか? 菅首相の「ビジョン」…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 9

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

  • 10

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!