Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2020.3.31号(3/24発売)

特集:0歳からの教育 みんなで子育て

2020年3月31日号(3/24発売)

Cover Story

赤ちゃんの心と体を育てる「全員参加育児」── 健やかな成長のため祖父母がすべきこと・すべきでないこと

育児 みんなで支える子育て新時代
3世代 祖父母との同居がアメリカで増える訳
アジア 似て非なる日韓中「孫育て」
ヘルス 高齢者の心身の健康に「孫疲れ」が効果あり?
ストレス ママとパパを救う最強の味方とは
ガイド 孫と読みたい絵本、遊びたいおもちゃ

コロナショックはリーマン超え

世界経済 中国に頼れない今回の危機を世界は乗り切れるのか
【Periscope】
UNITED STATES アメリカは東京五輪をボイコットすべき
RUSSIA プーチン「終身大統領」への批判噴出
IRAN コロナ危機でも米イランの非難合戦は続く
GO FIGURE 新型コロナ致死率に各国で大きな格差
【Commentary】
提言 中国依存の危うさを認識せよ──ブラマ・チェラニ
視点 泣き面の中国をバッタが襲う日── 楊海英
米政治 コロナでバイデンに勝機が──サム・ポトリッキオ
風刺画で読み解く「超大国」の現実 「社会的距離」が重要だけど──ロブ・ロジャース&パックン
経済ニュース超解説 経済対策が変えるコロナ後の日本── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 贈り物なしのお誕生会は変?
本好きに捧げる ホメない書評 右派も左派も行き着く先は「陰謀論」── 石戸諭
森達也の私的邦画論 『人間蒸発』とドキュメンタリーの豊かさ──森達也
【World Affairs】
韓国 コロナ禍でも総選挙、文政権に勝算あり
【Features】
医学 幼児期のトラウマが健康を蝕む
【Life/Style】
Celebrity 気候変動と闘う赤いコートの大女優
Movies 映画の未来を開く「没入型」イベント
Movies 新型コロナを予言した映画が語ること
Environment あの除草剤が水中も破壊する
Driving 夜更けの街で酔っ払いを乗せて
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 固定概念を打ち破るダウン症のドラァグたち
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 石野シャハラン──イランと日本の意外な共通点

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    金正恩「女子大生クラブ」メンバー50人が強制労働送りに

  • 4

    中国はトランプ再選を願っている

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    欧州コロナ第2波が深刻化 オランダは医療逼迫で患者…

  • 7

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 8

    イタリア政府、ファーウェイと国内通信企業との5G…

  • 9

    「トランプの再選確率、討論会後に小幅上昇」英ブック…

  • 10

    アフターピル市販で「性が乱れる」と叫ぶ人の勘違い …

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 9

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 10

    対中デフォルト危機のアフリカ諸国は中国の属国にな…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!