Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2020.3.24号(3/17発売)

特集:観光業の呪い

2020年3月24日号(3/17発売)

Cover Story

新型コロナで爆買いスポットに閑古鳥── 「インバウンド頼み」の構造的リスクとは

社会 観光業への過度な依存が地元の未来を破壊する
■マップ あふれる観光客に各国が悲鳴
日本 「中国頼み」爆買いの代償
東南アジア ほほ笑みの国タイの憂鬱
セレブ 「孤児院ツアー」は偽善のビジネス
弊害 地域社会を殺すオーバーツーリズム
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

オウムの死で日本は救われたか

日本社会 地下鉄サリン事件から25年、加速する集団化の意味を問う
【Periscope】
ECONOMY 株式相場を揺さぶる原油戦争
RUSSIA ロシアは2036年までプーチン大統領?
AFGHANISTAN 和平合意がアフガン女性にもたらす脅威
GO FIGURE コロナショックで「暗黒の月曜日」再び
【Commentary】
視点 新型コロナでつぶれる国、生き残る国──河東哲夫
経済 派手なマクロ対策は欧州に効果なし──ダニエル・グロー
米政治 「 バイデン政権」の外交を読む──グレン・カール
風刺画で読み解く「超大国」の現実 中国が振りかざす謎の中国式論理── ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 日 本の管理職が減少し始めた── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 私の歯ブラシを義母が使うんです
ニューヨークの音が聴こえる コロナ騒動で痛感した音楽の力──大江千里
【World Affairs】
大統領選 アメリカが選挙運動をやめる日
イラン 世界一のおもてなしが感染に一役?
イタリア 個人主義がウイルスをまき散らす
韓国 感染拡大を招いた2つの病魔
追悼 ウェルチは最高の経営者か、最高の反面教師か
【Life/Style】
Music マルクマスは何度でも還ってくる
Movies はじけ切れなかったジョーカーの「元カノ」
Books 「わがままネズミ」の名作絵本に裏メッセージ?
Libraries 一度は訪れたい世界のユニーク図書館
Faith 「ヒトラーの教皇」の実像に迫る
【Departments】
Perspectives
In Focus
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 李娜兀──日本の平和主義ってなに?
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 10

    ロシア軍の拠点に、ウクライナ軍FPVドローンが突入..…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中