Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2020.3.17号(3/10発売)

特集:感染症 vs 人類

2020年3月17日号(3/10発売)

Cover Story

「見えない敵」と戦ってきた人類の歴史に学べば新型コロナウイルスの対処法が見えてくる

新型肺炎 人類と感染症、闘いと共存の歴史 
■歴史 感染症との果てなき闘い
■マップ 世界に蔓延する新型コロナウイルス
感染症 野生動物の取引が人類を脅かす
分析 豪華客船が教える致死率の真実
対策 ワクチン開発まで「あと数カ月」
医師 SARSの英雄は今回も英雄なのか

復活バイデンの次の一手は

米大統領選 大逆転で勢いに乗るバイデンを「若者の反乱」が待つ
【Periscope】
SOUTH KOREA コロナウイルスが浮き彫りにした韓国の闇
IRAN イラン政界を脅かす新型肺炎の破壊力
JAPAN 宇宙ごみの除去は日本にお任せ
GO FIGURE データが示唆するトランプ敗北の可能性
【Commentary】
イギリス 愛するBBCの、ここだけは愛せない──コリン・ジョイス
中国 ウイグル人「コロナ出稼ぎ」の非道── 水谷尚子
視点 新型肺炎に断固とした財政政策を── 浜田宏一
風刺画で読み解く「超大国」の現実 コロナ対策には真実が必要だが──ロブ・ロジャース&パックン
経済ニュース超解説 コロナで加速する世界経済の再編── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 娘の友人の鬱を先生に伝えたいけど
あなたの人生聞かせてください 「女子アナ」という虚像と呪縛──久保田智子
森達也の私的邦画論 ホラーの醍醐味を『リング』で考える── 森達也
【World Affairs】
中東 イスラエルは混迷から独裁へ?
報道 人質になった記者への視線
【Features】
先端技術 未来を変えるテクノロジーの5大新潮流
ルポ さまよう難民に安住の地は遠く
【Life/Style】
Music 商魂! KISSの仰天解散ツアー
Movies 暗黒の植民地主義をえぐる女囚のリベンジ
Fashion そしてマスクは主流のファッションに
Science 「訓練されたAI」が新薬候補を発見
Online アジア系男性への「恋愛差別」は続く
Television あの音楽オタクが現代女性になったら
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 非日常が続く被災地に蘇る日常の灯
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 周来友──ここがスゴイよ日本のバラエティー

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国のコンテンツビジネス、ダントツの稼ぎ頭は......

  • 3

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み込んだ自動拳銃「白頭山」

  • 4

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 5

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 6

    米国の新型コロナ感染、異常に拡大し新段階に=トラ…

  • 7

    韓国・植物園の「客寄せ」だった土下座像が象徴する…

  • 8

    「文化の盗用」は何が問題で、誰なら許されるのか?…

  • 9

    『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』は何の本…

  • 10

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 3

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 6

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 7

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 8

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 9

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 10

    東京都、30日コロナ感染367人で過去最多 小池知事、酒…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!