Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2020.3.10号(3/ 3発売)

特集:新型肺炎 何を恐れるべきか

2020年3月10日号(3/ 3発売)

Cover Story

新型コロナウイルスはパンデミックへと向かうのか? 新局面がもたらす最悪のシナリオといま学ぶべき教訓

感染症 世界が想定すべき最悪のシナリオ
日本 クルーズ船の重い教訓
封鎖 隔離生活を耐え抜くヒント
衛生 感染症との闘いは歴史に学べ
この厄災を「記憶する人」であれ
特別寄稿  ノーベル賞候補作家・閻連科が説く悲劇を忘却する恐ろしさ
【Periscope】
MALAYSIA 94歳マハティールの複雑過ぎる政治的動き
RUSSIA ロシアの新兵器は巡航ミサイルキラー
VATICAN 「親ナチス」教皇の汚名は返上されるか?
UNITED STATES サンダース指名獲得を党大会の壁が阻む
【Commentary】
分析 恐怖と真実と新型コロナウイルス──グレン・カール
中東 混迷イラクの懸念と希望と── 飯山陽
視点 聞こえ始めた「文明逆回転」の足音── 河東哲夫
風刺画で読み解く「超大国」の現実 疫病をプロパガンダに使う過ち── ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 株価急落の裏で起きていること── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 夫が娘の誕生日にマリフアナを!
たかがジョーク、されどジョーク 雪だるまに「意見」を言う人たち── 早坂隆
【Features】
米社会 オバマ命名運動が振るわない理由
サイバー 絶対解読されないパスワードのススメ
都市 ファシスト建築、復活の兆し
【Life/Style】
Music 春サウンドは新しさと懐かしさと
Science 「女子は理数系が苦手」神話が崩れる日
Tourism 「飾り窓」のツアー禁止は何のため
Health メンタルケアもSNSにお任せ?
Sports サッカー次代の星は19歳、194cmの北欧人
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 福島の酪農家、葛藤の9年間
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye  西村カリン──日本の鉄道を世界に広めてほしい

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 5

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    東京都、3段階で休業解除へ 感染増加すれば東京アラ…

  • 8

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 9

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 9

    韓国でまたも「慰安婦問題」 支援団体の不正会計疑…

  • 10

    ビリー・アイリッシュと村上隆のコラボがアメリカで…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!