Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2020.1.28号(1/21発売)

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020年1月28日号(1/21発売)

Cover Story

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

中東政治 米・イランの衝突はなぜ必然か
視点 テヘランを内部から揺さぶる敵
インタビュー 「将来を決めるのはイラン国民だ」
世界経済 不確実性が生む経済的損失

ロックな台湾のロックな議員

アジア 立法委員に再選したデスメタルバンドのボーカルが語る「政治」
【Periscope】
RUSSIA ロシア新首相のミシュスチンって誰?
LEBANON ゴーン逃亡先のレバノンが無政府状態に
UNITED STATES 民主党の「内ゲバ」にムーアもがっかり
GO FIGURE 欧州右派の間で高まるトランプ支持
【Commentary】
貿易 米国民の利益にならない米中合意──ロバート・ライシュ
災害 フェイクニュースが山火事をあおる──マイケル・マン
中台関係 イラン危機と台湾の危うい未来──河東哲夫
風刺画で読み解く「超大国」の現実 中国の調査報道記者はどこへ──ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 北欧が短時間労働でも豊かな訳── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える うちの犬が男性の股に頭を入れます
ニューヨークの音が聴こえる NYで奏でる「蛍の光」の意味── 大江千里
【World Affairs】
医療 中国の肺炎対策は(今のところ)合格点
イギリス ヘンリー王子の王室引退を断固支持する
【Features】
子供兵 戦争で人を殺した少女と呼ばれて
アプリ 米軍に迫るTikTokの脅威
【Life/Style】
Travel 2020年、世界の旅人が求めるのは「絆」
Art AIが突き付ける「アートとは何か?」
Wildlife 福島の原発被災地が野生動物の楽園に
Food カーボンフットプリントを考える
Online セックスワーカーがコアラ救済に奮闘
Trends イケメン首相はなぜ突然ひげを生やしたか
Theater NYのゲイ社会劇がNYでウケない理由
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 流血と破壊に蹂躙される現代の暗黒郷
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye── 李娜兀 私しか知らない中曽根元首相の素顔

MAGAZINE

特集:コロナ特効薬を探せ

2020-5・26号(5/19発売)

新型コロナウイルスとの闘いを終わらせる治療薬とワクチン開発の最前線をルポ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 6

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 9

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 10

    東京都、3段階で休業解除へ 感染増加すれば東京アラ…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 6

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 7

    韓国でまたも「慰安婦問題」 支援団体の不正会計疑…

  • 8

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 9

    ビリー・アイリッシュと村上隆のコラボがアメリカで…

  • 10

    「新型ウイルスは実験室で生まれた可能性もある」と…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!